Business Idea
サービス一覧

〜講師・授業の質がカギになる資格学校〜

資格学校のビジネスモデル

ここでは、資格学校のビジネスモデルを紹介します。

1,講師・教材の評判がカギになるビジネスモデル

資格学校は、講師と教材の質に重きを置くことが求められるビジネスモデルです。資格学校の評価基準は、その資格の合格率になります。そのため、その資格に合格できるだけの講師や教材があるのかが最も重要です。

2,複数講座の受講で増収を見込めるビジネスモデル

資格学校は、複数の資格講座を受講してもらうことで増収を見込めるビジネスモデルです。資格のなかのは、Aという資格を取得する場合は、Bという資格を取得しておくことが必要と決められているものがあります。そのため、複数の講座を受講することが前提になっていることも多いです。

また、資格学校に入校する人は資格や勉学に対しての一定の意識を持っています。そのため、入校の情報をもとにDMやメールを送信することで、講座終了後であってもほかの講座の受講につなげやすいです。

3,助成金の活用で利用ハードルを下げられるビジネスモデル

資格学校は、教育訓練給付制度の対象になることで、利用ハードルを下げられるビジネスモデルです。教育訓練給付制度とは、雇用保険に加入しているもしくは加入していた人を対象に、厚生労働大臣の認可を受けた講座を受講する際に10万円〜224万(4年間総計)が受講者に給付される制度です。この制度の対象講座になることで、利用者の金銭面での利用ハードルを大幅に下げることができるのが特徴。

資格学校を取り巻く環境

1,資格の種類は増えている

現在、日本で取得できる資格は1000を超えており、国家資格だけでも300前後存在します。また、資格の種類を増えており、その資格の増加に伴った資格学校の需要も高まっています。特に、IT系の資格はここ数年で増加しています。

2,個人のスキルを重視した評価精度の浸透

企業が個人を評価する際の基準が年齢ではなく、その人が持っているスキルや能力に変化しています。このような、個人のスキルをもとにした評価基準が広まることで、資格取得に対しての需要は拡大すると予想されます。

3,オンライン授業の活用

資格取得の現場では、コロナが流行する前からオンライン授業の活用がすすめられていました。この背景には、資格学校の主なターゲットがサラリーマンになることから決まった時間ではなく、自分の予定に合わせて受講できる方が好まれることがあります。そして、今後もオンライン授業の活用の流れは拡大すると予想されます。

資格学校がおすすめの人

資格学校の経営がおすすめな人は以下の通りです。

自社で育成ノウハウを持っているIT企業

教材作成ノウハウに自信がある出版社

資格学校の成功のポイント

ここでは、資格学校の成功のポイントを紹介します。

1,必要箇所を効率的に伝えられる教材の開発

資格学校を受講する目的は、独学よりも効率的に資格取得するためです。そのためには、受講者が試験で必要箇所を効果的に学べるテキストの開発が必要になります。テキストでは、市販の参考では記載しきれない情報の掲載や図表を用いて視覚から情報をインプットできることが重要です。

2,講師による授業の質をなくす

資格学校では、講師の質が学校の評価につながる。そのため、講師の質を高いレベルで一定に保つことが必要になる。一定に保つには、講師の研修期間を長くして講師同士での授業の質をなくすことや、授業で話すことを本部で決めた上でその情報をもとに全ての講師が授業を行うといいでしょう。

3,新しい資格に対応する

資格学校に集客するためには、新しい資格にすぐに対応することが必要です。ほかの資格学校よりも早い段階で新しい資格に対応することで、競合との価格競争に巻き込まれないだけではなく、ライバルが少ないので集客をしやすいというメリットがあります。

↑pagetop