id="936-2-contents" class="936-2-page">
Business Idea
サービス一覧

〜新たなニーズを掴めるかがカギになる料理教室〜

料理教室のビジネスモデル

ここでは、料理教室のビジネスモデルを紹介します。

1,時間帯によってニーズが異なるビジネスモデル

料理教室は、時間帯によってニーズが異なるビジネスモデルです。平日の昼間は主婦の利用が多くなり、家庭料理ではなくお菓子やデザートなどの需要が高くなります。平日の夜の時間帯は、独身の男女が多くなり家庭料理や料理の基本を学びたいというニーズがつよくなります。土日に関しては、学生など若い年代の利用が多くなり、学生向けのコースなどが人気です。

2,スポット収入とサブスクリプション収入のビジネスモデル

料理教室の収益は、単発の料理教室と月謝制の料理教室の2種類で構成されていることが多いです。また、単発から月謝制に移行させることで安定した収益を見込むことが可能です。そのため、単発の料理教室は家庭で歯作りにくいものや想定する利用層が興味を持ちそうな料理を作り、複数回参加してもらったところで月謝制のコースに移行するという流れが一般的になります。

3,関連事業で増収を目指せるビジネスモデル

料理教室は、料理の指導のみでなく料理道具の開発や料理監修などで事業展開することが可能です。また、ほかの料理教室と差別化をすることでフランチャイズ展開することもできるので、ビジネスとしての広がりが大きいビジネスモデルなのが特徴になります。

料理教室を取り巻く環境

1,在宅時間の増加による自炊意識の向上

アクアクララ株式会社の調査によると、コロナ禍で自炊する人が増え、男女問わず9割の人が昼食を自炊しているという結果になりました。また、この自炊意識の向上によって保存できる食事や簡単にできるレシピに対してのニーズも拡大しています。

2,男性の料理需要の拡大

タメニー株式会社の調査によると、週に1回以上料理をする男性は4割を超え、男性のなかでも料理需要が拡大しています。また、料理の需要が特に大きいのが若い世代の男性で、節約のために料理をする人が多いです。男性向けの料理雑誌や男性が簡単に作れるレシピを紹介したレシピ本が売れていることからも男性の料理需要の拡大が見られます。

3,オンラインによる料理教室の増加

アイランド株式会社によると、オンラインの料理教室に参加する人の割合が増えています。42%の人がオンラインの料理教室に参加しており、50%の人はInstagramなどのライブ配信で料理教室に参加しているという結果がでています。今後も、オンラインでの料理教室の需要は拡大していくと予想されます。

料理教室がおすすめの人

料理教室がおすすめな人は以下の通りです。

自宅で小規模なビジネスを開始したい主婦の方

レシピ掲載メディアやレシピを紹介するYouTubeチャンネルを持っているweb系企業

料理教室が成功するポイント

ここでは、料理教室が成功するためのポイントを紹介します。

1,男性の料理ニーズを抑える

男性の料理ニーズは拡大しており、なかには本格的に料理を習いたい人も増えています。一方で、女性のなかで学ぶのは気が引けるという男性も多いです。そのため、料理教室で成功するためには男性の料理ニーズを抑えて、いままでの女性向けというニーズからずらした部分で差別化を図るといいでしょう。

2,インターネットを活用したマーケティグ

オンラインで料理動画を見る人は増えており、MMD研究所の報告によると86%の人がアプリもしくはブラウザを通して、料理動画を見て参考にしているという結果がでました。そこで、料理教室で成功するには動画でレシピを配信するなどインターネット・SNSを使ったマーケティングが必要です。バズることで、認知を拡大できるだけではなく、料理監修など料理以外のビジネスにもつなげることが可能です。

料理教室の市場ニーズを知りたい方はこちら

市場調査レポートでは、業種業界問わず主にBtoC事業・サービスの利用ニーズを消費者アンケートの結果をまとめて掲載しております。当該事業・サービスの消費者の利用頻度と利用金額の調査結果を詳細にレポーティングしています。

新規事業として参入するにしてもその事業・サービスの利用頻度や一度に利用される金額はもとより、事業・サービスを利用する人の属性(考え方や価値観、趣味趣向など)を把握し、ターゲットについても検討する必要があります。この市場調査レポートではこれらの点について、アンケート調査結果をもとにまとめています。新規事業として事業案を検討している企業様・ご担当者様にとっては、必要不可欠なデータになります。

無料でダウンロードいただけますので、この機会に是非、ご活用くださいませ!

▼料理教室の市場調査レポートのダウンロードはこちら▼

↑pagetop