Business Idea
サービス一覧

〜需要が拡大しているプログラミング教室〜

プログラミング教室のビジネスモデル

ここでは、プログラミング教室のビジネスモデルを紹介します。

1,受講料と人材紹介手数料で利益を出すビジネスモデル

プログラミング教室は、生徒からの受講料と生徒を会社に就職させた際に会社からもらう紹介料が収益の柱になります。生徒からの受講料は10万〜100万円と幅広く、プログラミング教室によっては集客のために生徒からの受講料を無料にして、企業に対しての紹介料のみで収益をあげているプログラミング教室もあります。企業への紹介料は100万円前後になることも多いです。ただ、企業への紹介手数料はプログラミング教室と提携している企業に対して紹介して、紹介した人が入社した場合のみ支払われます。

2,技能レベルでターゲット選定ができるビジネスモデル

プログラミング教室の需要は、子供から社会人まで幅広く、求めている技能レベルも異なります。子供の場合は、プログラミング必修化に備えてプログラミングの基本的な考え方を体を使って学べるプログラミング教室が求められる。一方で、社会人向けのプログラミング教室では知識が0の状態から就職できるレベルまで技能レベルを上げたい人、現在のプログラミングスキルをブラッシュアップしたい人などニーズが異なります。このニーズを捉えた上で、ニーズにあったプログラムの提供が必要なビジネスモデルです。

3,キャッシュの流れがわかりやすいビジネスモデル

社会人向けの就職までサポートするプログラミング教室の場合は、一括での支払いが基本になり、子供向けの場合は月謝制が基本になります。そのため、入金タイミングを明確にすることができ、キャッシュフローを明確にしながらプログラミング教室を運営できるメリットがあります。

プログラミング教室を取り巻く環境

1,市場規模・校舎数ともに増加

「2021年子ども向けプログラミング教育市場調査」によると、2021年の子供向けのプログラミング教室の市場規模は175億7,900万円になっています。また、2021年の子供向けのプログラミング教室の校舎数は10,900校舎になっています。今後も、プログラミング教室は拡大していくことが予想される。

2,プログラミング需要の拡大

みずほ情報総研株式会社の「IT人材需給に関する調査」によると、2030年までにIT人材は70万人不足することが予想されています。また、2020年からは小学校でのプログラミングが必修化されています。このような背景をもとに、新たにプログラミングを学びたい社会人、子供にプログラミングを学ばせたい保護者、プログラミングに興味を持つ子供が増え、今後もプログラミング教室の需要は拡大していくでしょう。

3,インフルエンサーマーケティグの利用

プログラミング教室は、インフルエンサーに対して報酬を支払うことで宣伝するインフルエンサーマーケティングを利用しています。また、アフィリエイト報酬を高く設定することで、ブログやサイトにプログラミング教室の宣伝をしてもらう手法をとっています。このような背景もあり、インフルエンサーに影響を受けやすい若い世代を中心にプログラミング教室に興味を持つ人が増えています。

プログラミング教室がおすすめの人

プログラミング教室がおすすめの人は以下の通りです。

IT人材の育成ノウハウを持っているIT企業

SES業務を行っている人材派遣業者

webマーケティングに自信がある広告代理店

プログラミング教室の成功のポイント

ここでは、プログラミング教室の成功のポイントを紹介します。

1,ターゲットを狭めた運営

プログラミング需要は、子供から社会人まで幅広いです。そのため、どの年代のどのようなニーズを満たすプログラミング教室にするのかを明確にした運営が必要です。

2,受講料を下げて利用ハードルを下げる

社会人向けのプログラミング教室の場合は、受講料と人材紹介料の2本の収益の柱があります。しかし、受講料が高額だと利用ハードルが高くなります。そのため、受講料を下げて、人材紹介料で収益をあげるようにしましょう。このためには、プログラマーへの転職希望がある人の集客と、企業に紹介できる人材に育てること、提携先の企業を増やすことが成功のポイントです。

↑pagetop