Business Idea
サービス一覧

〜ターゲットの変更がカギになるピアノ教室〜

ピアノ教室のビジネスモデル

ここでは、ピアノ教室のビジネスモデルを紹介します。

1,キャッシュフローの予測を立てやすいビジネスモデル

ピアノ教室は、在庫を抱える可能性がなく支出を毎月一定化させやすいです。また、ピアノ教室は、収入としては月謝を毎月もらいサブスクリプション型のビジネスモデルです。そのため、支出と収入の予想を毎月立てながら経営をすることができ、将来的なキャッシュフローを含めて、事業の安定性を見通しやすくなっています。

2,参入障壁が高いビジネスモデル

ピアノ教室は、ピアノを弾けてかつ指導できることが必要なので、ビジネスとして参入障壁が高いです。そのため、競合他社と価格競争になることが少ないのもポイント。一方で、ピアノ教室はヤマハや島村楽器などの大手資本が参入しているので、大手に負けないような差別化が必要です。

3,関連事業で増収を見込めるビジネスモデル

ピアノ教室は、指導以外にも楽器の販売やレンタルルームとして楽器の練習をしたい人に貸し出すなど、関連事業を行うことで増収を見込むことが可能です。

ピアノ教室を取り巻く環境

1,ピアノを習う12歳以下の子供は減少傾向

アクトインディ株式会社によると、12歳以下の子供でピアノ・エレクトーンを習い事として習っている人は、2017年では29%であったが、2019年には19%に減少している。この背景には、若い世代のピアノの所有率の低下や近隣住宅との騒音問題でピアノを所持できない家庭が増加したことが背景にある。

2,ストリートピアノの人気

ストリートピアノは、2011年に地域再生の一手法として鹿児島市の中央一番商店街に設置されたのを皮切りに、都庁などの全国で40箇所前後に設置されています。最近ではYouTubeを通じてストリートピアノを使った配信が人気になっていることを背景に、動画を通してピアノに興味を持つ人も増加しています。

3,ピアノの普及率は20%前後で世界のなかでもトップクラス

「全国消費実態調査」 における 「ピアノ普及率」によると、日本のピアノ所有率は24.7%で世界でもトップクラスである。一方で、ピアノの普及率の限界は20%と言われており、今後ピアノの所有率は徐々に減少していくものと予想される。

ピアノ教室がおすすめの人

ピアノ教室がおすすめな人は以下の通りです。

ピアノを含む楽器の販売を行っている楽器販売店

ピアノを弾けて指導スキルを持っている個人事業主

ピアノ教室の成功のポイント

ここでは、ピアノ教室の成功のポイントを紹介します。

1,インターネットを使ったマーケティング

ピアノ教室を利用する人のなかには、インターネットの動画を見てピアノに興味を持った人が多いです。また、個人で経営しているピアノ教室ではwebマーケティング対策をおろそかにしているところも多いです。そのため、インターネットを使った広告マーケティングを行うことで、周辺の教室との差別化を図ることもできます。

2,指導以外のビジネス展開

ピアノ教室は、指導以外でもビジネス展開をすることが可能です。特に、楽器販売はメンテナンスを考えて指導者から購入することも多く利益率が高いです。また、オンラインを通じてのピアノ指導や貸スタジオ事業などピアノ教室と並行して複数の収益柱を立てることもできます。そのため、ピアノ教室ではピアノ指導以外でもビジネス展開していくことが成功のポイントです。

高齢者向けのレッスン

子供のピアノ学習者は減少傾向にある。一方で、高齢者のピアノ学習者は高齢化の影響で高齢者の数が多くなったことや、健康に効果があること、体力を使わないでできることから増加傾向にある。そのため、高齢者を対象にしたレッスンの展開が成功のポイントです。高齢者は、ニーズとして仲間との交流を含んでいることが多いので、単に指導するだけではなく仲間との交流ができるグループレッスンや発表会を設けるといいでしょう。

↑pagetop