id="927-2-contents" class="927-2-page">
Business Idea
サービス一覧

〜ターゲット選定がカギになるビジネススクール〜

ビジネススクールのビジネスモデル

ここでは、ビジネススクールのビジネスモデルを紹介します。

1,起業志望者から大企業の幹部まで様々な人に利用されるビジネスモデル

ビジネススクールの対象者は、起業を志望している人からサラリーマンとしてのスキルアップを図りたい人、企業の幹部として会社から派遣される人など様々です。そのため、どこの層に対してアプローチをしたいのかを明確にすることが必要です。起業志望者向けのビジネススクール無料から50万円前後のものが多い一方、企業の幹部養成のためのビジネススクールは数百万の価格設定がされています。

2,関連事業で増収を見込めるビジネスモデル

ビジネススクールは、スクール事業のみではなく関連事業でも増収を見込むことができます。ビジネススクールの関連事業としては、受講者の企業へのコンサル事業、教材販売事業などがあります。また、ビジネススクールのなかには銀行の系列企業が運営しているものもあり、そのようなビジネススクールは銀行事業とのシナジーを見込んでいます。

3,講師が広告塔になるビジネスモデル

ビジネススクールの集客では、登壇する講師の実績が重要になります。優秀で有名な起業家や大企業の幹部を講師として採用することが、ビジネススクールの信用度を測る基準になっているためです。また、ビジネススクールで優秀な講師を採用することで広告を打たなくても集客が可能になるのもビジネスモデルとしての大きな特徴になります。

ビジネススクールを取り巻く環境

1,学校法人のビジネススクールが大半を占める

ビジネススクールには、民間のビジネススクールと大学などの学校法人が運営するビジネススクールがあります。前者の場合は、人脈構築や登壇者の話しをもとにビジネスの知識をつけることが目的で、1回かぎり、長くても1年程度のものが多いです。後者の場合は、修士号が付与されるのが一般的で、大学院としての位置付けになります。そのため、修業年限は2年が基本でビジネスを体系的に学ぶことができます。割合としては、学校法人が運営しているビジネススクールの方が多いです。

2,社会人のスキルアップ意識は向上している

ビジネススクールの主なターゲットは社会人でスキルアップ・キャリアアップ意識の高い人です。「スキルアップに対する意識調査」によるとスキルアップに取り組んでいる人は全体の47.7%で、30代以下では59.1%がスキルアップに取り組んでいるという結果があります。

ビジネススクールがおすすめな人

ここでは、ビジネススクールがおすすめな人を紹介します。

ビジネスに対しての体系的なノウハウを持っている経営コンサルタント会社

既存事業とビジネススクールの人脈でシナジーを図りたい金融関連企業

有名な講師や著名な経営者との関わりがある学校法人

ビジネススクールの成功のポイント

ここでは、ビジネススクールの成功のポイントを紹介します。

1,有名な講師を招聘する

ビジネススクールでは、何を学ぶかと同じくらい誰と学ぶかが重要になります。そのため、ビジネススクールで成功するためには有名な講師を招聘することが必要です。

2,ターゲットを明確にする

ビジネススクールは、概念として大きく利用者も様々です。しかし、利用者のなかには個人のスキルレベルと最終的な目的があり、ビジネススクールの求めるスキルレベルと目的が自分の目的と合わない場合は利用しないです。そのため、幅広い人を対象にするのではなく、どのスキルレベルの人に対して、どのようなものを提供したいのかを明確にしたスクール運営が必要です。

↑pagetop