Business Idea
サービス一覧

〜差別化が安定経営のカギになるバレエ教室〜

バレエ教室のビジネスモデル

ここでは、バレエ教室のビジネスモデルを紹介します。

1,女性の利用が圧倒的に多いビジネスモデル

バレエ教室は、女性の利用が圧倒的に多いビジネスモデルです。「日本のバレエ教育機関における教師の現状と課題」によると、バレエ人口における男女比は1:50で女性の方が圧倒的に多くなっています。女性にターゲットを絞った運営にしても十分に収益を確保できるビジネスモデルです。

2,事務効率化がカギになるビジネスモデル

バレエ教室は、事務効率化がカギになるビジネスモデルです。バレエ教室の7割以上は個人で運営されているバレエ教室で、資本や人員が少ない環境で経営をしています。事務作業をバレエを教える先生が行っていることも多いです。また、事務専用の作業員をおいていないことで、事務作業の効率化を図ることができず、資本の面でも大規模なシステムを導入できないことが多いです。そのため、バレエ教室では事務作業をいかに効率化して、先生の負担を減らして、授業コマの増加につなげられるかが収益性の確保の面でのポイントになります。

3,利用者の目的が明確でターゲット選定しやすいビジネスモデル

バレエ教室の利用目的は、趣味や習い事としての利用とプロになるための利用の2つに分けることができます。バレエ教室のなかには、2つの目的を満たせるコースを設置することもありますが、小規模なバレエ教室が多いことやプロになるための利用の場合は、有名な講師による指導が必要になるため、利用者もバレエ教室を目的ごとに使い分けることが多いです。そのため、バレエ教室を運営する際にはどのような利用ニーズを満たすバレエ教室にするのかを決めた上で、趣味や習い事の場合は駅近で通いやすく、初心者でも入りやすい雰囲気を作ることが必要です。また、プロになる目的の場合は、実績の高い講師の招聘を行う必要があります。

バレエ教室を取り巻く環境

1,教室数は増加してるが学習者は減少

「日本のバレエ教育環境の実態分析」によると、バレエ教室の数は2011年から2016年で100件増加して4640件です。一方で、学習者は2011年から2016年で5万人減少して35.8万人になっています。1人の生徒を獲得する労力が上がっており、今後もこの傾向は続くと予想されます。

2,個人経営のバレエ教室が7割以上

バレエ教室の7割以上は個人経営で企業やバレエ団など大規模な資本が入っているバレエ教室は、全体の2割程度になっています。そのため、後発のバレエ教室であっても競合に競り負けることが少なく、差別化をして競合に対しての優位点を明確にした教室運営とマーケティングを行うことで経営を安定させることが可能です。

3,男子のバレエ学習者の増加

男子のバレエ学習者は、女性の50分の1ですが、男子バレエ選手の活躍や男子バレエをテーマにした漫画やアニメの影響で男子のバレエ学習者は2011年には5.5千人でしたが、2016年には7.9千人まで増加しています。この傾向は今後も続いていくと予想されます。

バレエ教室がおすすめな人

バレエ教室の経営がおすすめな人は以下の通りです。

レッスンができるホールを持っているトレーニングジム経営者

相乗効果を狙いたいダンス教室経営者

駅前の好立地な場所にビルを持っている不動産業者

バレエ教室の成功のポイント

ここでは、バレエ教室の成功のポイントを紹介します。

1,ほかのバレエ教室との差別化

バレエ教室は、個人経営のところが多く、設置数も4000を超えているので、後続の場合はほかのバレエ教室との差別化をしないと生徒を集めることができません。有名な講師の招聘や男子専用のクラスの創設、駅前の好立地なところに教室を設置するなどの差別化が必要です。

2,事務作業の効率化

バレエ教室では、生徒に教える以外の時間を削減するのが利益率の向上に繋がります。そのため、事務作業を自動で行ってくれる業務効率化システムの導入が必要です。事務作業を効率化して、人件費を削減することで安定した経営ができます。

↑pagetop