Business Idea
サービス一覧

開業資金350万円から始めるハウスクリーニング

~フランチャイズに加盟して宣伝広告効果を活用、プロの掃除技術でリピーター獲得~

■どんなモデルか

開業資金350万円から始めるハウスクリーニングは、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①フランチャイズのビジネスモデルを活用

ハウスクリーニングは初期投資を抑えられるため、個人でも開業しやすいビジネスモデルです。掃除用具だけで開業し、売上の8割もの利益率を得られます。
しかし、個人で開業する場合、テナントなどの初期費用がかかります。自宅を事務所として利用すると節約できますが、宣伝広告費が必要です。新規顧客の獲得には20万円以上の広告費をかけて集客しなければなりません。
そこで、効果的な開業方法のひとつが、フランチャイズの利用です。
フランチャイズを活用すると、方法によっては開業資金を350万円まで下げられます。本部から集客サポートをはじめ、洗剤や清掃用具などを提供してもらえます。しかし、運営するのはあくまでも加盟した経営者です。リピーターになってもらうための技術力やサービスの向上が求められます。

②顧客との信頼関係を築き、リピーターを育成

ハウスクリーニングは、ハウスダスト対策など定期的な需要を見込めます。また、バスルームやトイレなど、外部にあまり見せたくない場所の掃除を行う場合があるため、信頼した業者に継続的に依頼する傾向があります。
ハウスクリーニングのビジネスモデルでは、顧客の信頼を得ることによってリピーターを育成し、継続的な収益を確保することが可能です。

③季節需要のあるビジネスモデル

年末の大掃除、引っ越し、梅雨時や夏のエアコンクリーニングなど、ハウスクリーニングには季節に特化した需要があります。繁忙期は、予約が埋まっている競合企業から顧客を獲得するチャンスにもなります。

■業界動向やトレンドについて

ハウスクリーニングは、家事代行とともに市場の拡大が期待されています。
その背景には、超高齢社会や女性の活躍などの社会変化があります。多くの高齢者は、体力的に掃除が困難です。一方で、女性の活躍や共働き世帯の増加によって、家事のアウトソーシングが求められています。
このような社会変化のほか、アレルギー症状など健康に対する関心が、ハウスクリーニング開業の追い風になっています。

■ハウスクリーニングのビジネスモデルがおすすめの方

ハウスクリーニングのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。
・掃除に対するこだわりと使命感のある方
・接客の基本を理解し、顧客と継続的な信頼関係が構築できる方
・ニーズに合わせて臨機応変に動ける体力のある方
依頼者のプライバシーを侵害しない誠実さと、家庭で困っていることを察知してビジネスに展開できるフットワークが求められます。

■成功のポイントは?

最後に、ハウスクリーニングのビジネスモデルの成功ポイントを押さえておきます。

①プロの掃除技術をアピールすること

洗剤や漂白剤などの使い方を誤ると、トラブルに発展しかねません。国家資格の「ハウスクリーニング技能士」取得によって、顧客の信頼が得られます。

②集客と営業の工夫

ターゲット像と価格の設定、広告選定と見込み客に対するアピールなど、集客力が成功の決め手になります。オーダーを待つだけでなく、地元の不動産会社に営業して引越し時のハウスクリーニング需要を獲得するような積極的な営業も必要です。

③自主的なサービスの改善

フランチャイズに依存した場合、長期的には競争力を低下させます。顧客のニーズを汲み取って、ハウスクリーニングのサービスの改善を行うことが大切です。

↑pagetop