Business Idea
サービス一覧

1時間1,500円から利用できる家事代行

~依頼者とハウスキーパーをマッチング、安価で安心の家事代行サービスの提供~

■どんなモデルか

1時間 1,500円から利用できる家事代行は、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①シェアリングエコノミーのビジネスモデル

シェアリングエコノミーと呼ばれるビジネスモデルです。
個人間でモノやスペース、時間、専門的なスキルをシェアする仕組みで、新たな消費スタイルとして注目されています。
1時間 1,500円から利用できる家事代行のビジネスモデルは、派遣業務ではなく個人間契約のため、サービス料金を安価に抑えると同時に、ハウスキーパーの報酬を高価に設定することが可能です。

②ITによるマッチングプラットフォームの構築

インターネット上の掲示板を活用して、家事を依頼したい人とハウスキーパーの仕事をしたい人の出会いの場を創出します。ITによるマッチングプラットフォーム構築がポイントです。
掲示板のプラットフォーム上でマッチングを行うため、仲介の手間が省けます。

③安心を提供する身元確認とカスタマーサポート

安心の取り組みとして証明書による身元確認の徹底と面接を実施するほか、テストに合格したハウスキーパーがサービスを提供することで品質を維持します。
保険制度、依頼者のレビュー、カスタマーサポートなどの仕組みを整備することにより、依頼者にさらなる安心感をもたらし、顧客満足度を向上します。

■業界動向やトレンドについて

女性の活躍する社会の実現が求められるようになりました。このような時代のトレンドに合わせて、ワーキングマザーを支援する多様なサービスが生まれています。
家事代行は生活支援サービス分野のひとつとして注目されていましたが、コロナ禍により、対面サービスとして困難な局面を迎えている状況は押さえておく必要があります。
しかし、新しい生活様式の提唱にしたがい、今後の市場拡大が期待されています。

■家事代行がおすすめの方

1時間 1,500円から利用できる家事代行のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。
・女性によるコミュニティを主催するなどネットワークがある方
・育児や家事と仕事の両立の大変さを理解しているワーキングマザー
・システム構築などITリテラシーがある方
利用者とハウスキーパーの両面の理解がある女性には、おすすめのビジネスモデルです。さらにSNS運用やシステム構築などのITリテラシーがあれば最適といえるでしょう。

■成功のポイントは?

最後に、1時間 1,500円から利用できる家事代行のビジネスモデルの成功ポイントを押さえておきます。

①プロトタイプを試用しながら改善

依頼者とハウスキーパーのマッチングを行う掲示板システムが必要になりますが、後から必要な機能などが生じた場合、システムの改修が困難です。
したがって、完全にサービスをオープンさせる前に、プロトタイプの状態でモニターを募集してテストを行うなど、試用を重ねて依頼者の声を反映しながら改善する必要があります。

②口コミの積極的な活用

サービスの開始後は、口コミ効果が重要です。
優秀なハウスキーパーに、自身のブログやSNSを通じてアピールしてもらうことにより、口コミによる波及が期待できます。同時に、依頼者のレビューの書き込みを促進します。
カリスマ的なハウスキーパーを育成し、書籍などを発行してマスコミに取り上げられると、知名度の向上と信頼性をできます。

③家事は家庭でやるものという常識の打破

欧米と比較して、日本では依然として家事は家庭でやるものという常識があります。常識を覆すためには果敢なチャレンジと実績が必要になります。

↑pagetop