id="677-2-contents" class="677-2-page">
Business Idea
サービス一覧

つながりを意識して訴求するコワーキングスペース事業

コワーキングスペース事業とは

コワーキングスペース事業とは、専用の個室スペースや仕切りを外した共有型のオープンスペースを提供するサービスです。レンタルオフィスとは異なり、オープンスぺースで他の入居者とのコミュニケーションを促しているのが特徴です。

コワーキングスペース事業のビジネスモデル

コワーキングスペース事業がまずはどんなビジネスホテルかを見ていきましょう。

1.フリーランスやテレワークの方をターゲットとしたビジネスモデル

コワーキングスペースは、カフェ感覚でも使用できることから、フリーランスやテレワークの方に人気のビジネスモデルです。利用者同士のコミュニケーションを推進していることから、人脈や仕事のヒントを得たい人などが利用することも多いです。

2.多数の人と契約できるビジネスモデル

賃貸と比べると多数の人と契約できるビジネスモデルです。コワーキングスペースは時間帯によって稼働率が変わってくることから、空いた時間に新たな顧客と契約することができます。稼働率の低い時間帯に定額の使い放題のプランなどを導入することで、稼働率の改善にもつながります。

3.居心地の良さが収益につながるビジネスモデル

料金形態が時間制又は月単位のため、居心地の良さが直接収益につながるビジネスモデルです。時間制の場合は、滞在時間が長ければ長いほど売上が上がり、月単位での契約の場合はリピーターの獲得にもつながります。そのため、収益を上げるには居心地の良さが重要になります。

コワーキングスペース事業の市場動向

1.テレワークによる働き方改革を受け、シェアオフィス市場が急拡大

近年、シェアオフィス市場は急拡大しています。働き方改革が推進されたことや新型コロナウイルスの流行も後押しし、シェアオフィスへの需要が高まっています。JLLの調査によると、2018年末時点での貸床面積は前年比で148 %になると推計されており、年々急激に増加している傾向にあります。

2.一方で、コワーキングスペース施設数も急増し、競争が激化

シェアオフィス市場の拡大を受け、コワーキングスペースの施設数も急増しています。大都市政策研究機構の調査によると、2015年から2019年の4年間で、コワーキングスペース施設数は2.66倍に増加しています。この傾向は今後も続いていくとされており、競争が激化する可能性が指摘されています。

コワーキングスペース事業がオススメの方

コワーキングスペース事業のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・稼働していないフロアを収益化したい、ビルオーナーの方

・空間演出のノウハウがある、インテリアデザイナーの方

・フリーランスやサラリーマンを応援したい方

上記のような方々は、知見や資産を活かして収益増を狙えるため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、コワーキングスペース事業の成功のポイントを押さえておきましょう。

1.居心地の良い店づくり

まずは、居心地の良い店づくりが必要です。共有スペースの清潔さを常に保ったり、座りやすい椅子を導入することが重要です。集中したい方のために集中ブースを用意したり、テレビ・カンファレンスが行えるような防音個室の準備も効果的です。

2.つながりを押し出した集客

コワーキングスペース以外にも、電源やWifiが使えるカフェやスペースは多く存在します。そのため、コワーキングスペースの訴求点は利用者同士のつながりであると言えます。ビジネスの相談の場を設けたり、利用者同士で積極的にコミュニケーションが取れるイベントの開催をすることで、コワーキングスペースならではの訴求をしていきましょう。

3.ソーシャルメディアの活用

近年、SNSなどのソーシャルメディアの発達により、情報発信の重要性が高まっています。コワーキングスペースの魅力を伝えられるように、写真や日々の様子、イベント情報などを積極的に発信することで認知を獲得しましょう。

資料ダウンロード

詳細が気になる方は、こちらから無料レポートもダウンロード可能です。
みなさまの新規事業検討に当たって、一助となれば幸いでございます。

↑pagetop