Business Idea
サービス一覧

~3ヵ月50万円は高いか安いか~

■どんなモデルか

人生を変える高付加価値英会話教室とは、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①高単価・短期間決戦

高付加価値英会話教室は「3ヵ月50万円」の短期決戦型の英会話教室です。コーチングのメソッドを使うことから、『コーチング英会話』とも呼ばれます。

②ティーチングとコーチングの融合

ティーチングとコーチングの融合した教室です。『ティーチング=週2回、コーチング=週1回』を標準とします。

ティーチングセッションでは「一般的な英会話レッスン」を、コーチングセッションでは「弱点指摘」「目標設定」「進捗管理」「モチベーションアップ」を行います。

③一生に一度の買い物

これまで何度も英会話学習に挫折した人や、だらだら学習してきた人を対象とします。一生に一度の『星の時間』がウリです。

■業界動向やトレンドについて

コーチング英会話は、2016年に登場したライザップ・イングリッシュによりブームに火がつきました。以後現在まで、これにインスパイアされた業者が雨後の筍のように現れています。

ライザップ・イングリッシュは「結果にコミットする」高額パーソナルジムのメソッドを英会話学習に応用したものです。
「体重30kg減」「TOEIC300点増」等の結果は、数値的に明確で実利も大きく、まさしく『人生が変わる』期待がもてるため、金に糸目をつけない層が存在します。

■高付加価値英会話教室がおすすめの方

本ビジネスにおいては、創業者(または先生役)のパーソナリティや経験が重要となります。「コーチング英会話が流行ってるから、ウチもやってみるか」では、成功はおぼつきません。生徒さんや他業者にも迷惑がかかります。ビジネスである以前に、責任ある教育事業であることをお忘れなく。

・言語学の博士号をお持ちの方
高額な料金に納得していただくには、アカデミックな裏付けが有効です。創業者に第二言語習得研究などの博士号があると望ましいです。

・英会話学習の成功体験をお持ちの方

創業者自身に「3ヶ月で英会話を完全マスターした」などの圧倒的成功体験があれば、アカデミックな裏付けの代わりとなります。但し、個人的な体験のため、再現性では劣ります。

・長年英語学習に携わられて来た方
「地元の中学生相手に英語を30年間教えてきた」といった経験も活きます。何百人という日本人の生徒さんと接してきた経験は、新しい英会話習得法開発の貴重なヒントとなるはずです。

■成功のポイントは?

高付加価値英会話教室のビジネスモデルの成功ポイントを押さえておきます。

①価格と期間を「倍または半分」に

全国区の競合は20社以上存在しますが、「3ヵ月50万円」の業者がほとんどです。価格帯や受講期間をずらせば、すき間ニーズを吸収することができます。金に糸目をつけない層は実在します。

②マルチリンガル化

英会話習得法のメソッドをブラッシュアップし、中国語や韓国語、タイ語などに『横展』すれば、範囲の経済が享受できます。

③実利に強く結びつける

英会話をマスターすることで「人生」や「ライフスタイル」が一変するなら、50万円は安いものです。就活大学生などには、それで手に入るうれしい未来をありありと見せてあげることが重要です。

高付加価値英会話教室の市場ニーズを知りたい方はこちら

市場調査レポートでは、業種業界問わず主にBtoC事業・サービスの利用ニーズを消費者アンケートの結果をまとめて掲載しております。当該事業・サービスの消費者の利用頻度と利用金額の調査結果を詳細にレポーティングしています。

新規事業として参入するにしてもその事業・サービスの利用頻度や一度に利用される金額はもとより、事業・サービスを利用する人の属性(考え方や価値観、趣味趣向など)を把握し、ターゲットについても検討する必要があります。この市場調査レポートではこれらの点について、アンケート調査結果をもとにまとめています。新規事業として事業案を検討している企業様・ご担当者様にとっては、必要不可欠なデータになります。

無料でダウンロードいただけますので、この機会に是非、ご活用くださいませ!

▼高付加価値英会話教室の市場調査レポートのダウンロードはこちら▼

↑pagetop