Business Idea
サービス一覧

~超高齢化社会に勝機を見出す新たな宅配事業~

■どんなモデルか

高齢者宅を中心に健康的な食事を配達する「高齢者宅配サービス」とはどのようなビジネスモデルかを紹介します。

①場所を選ばない配食サービス

サービスを契約した利用者の自宅に届けるため、駅近・首都圏に出店する必要がなくなり、出店コストを押さえることが可能です。

アクセスの悪いエリアでも、特定のエリアに配達が可能であれば場所を選ぶことなく開業することが可能になります。

②調理済みの冷蔵食品を自宅に配送

調理済みの冷蔵パック商品を自宅に届け、温めるだけで美味しい食事が提供できるようなサービスを提供します。
利用者の好きなタイミングで食事を温めるため、配送中に食事が冷めてしまう心配はありません。

③弁当屋・飲食店と提携し食品を調達

高齢者向けの食事を調理するために、飲食店と提携することで、自社での調理コストを削減することも可能です。

飲食店を既に開業している事業者は、高齢者向けのメニューを開発することで、新たな事業として展開収することも可能です。

■業界動向やトレンドについて

超高齢化社会により、買い物難民や高齢者の健康的な食を提供するサービスとして今後も需要が期待されます。
サービスを効率よく

■高齢者宅配サービスがおすすめの方

高齢者宅配サービスにはどのような方がおすすめなのでしょうか。
おすすめの方の特徴を紹介します。

・介護サービスに携わった経験がある
・飲食店経験者・開業者
・栄養管理者の資格を保有している人

■成功のポイントは?

高齢者宅配サービスで成功するためには、次の3つのポイントに注意をしながら開業準備を進める必要があります。

①調理コストをどのようにして抑えるか

高齢者が手軽に簡単に食事を楽しむことができるように、調理方法を検討することが大切です。
商品を手軽に美味しく召し上がっていただくために、どのような施策が必要なのかを検討しましょう。

②介護業界に精通している栄養管理士を雇う

介護業界に精通しているスタッフを雇うことで、高齢者の満足度の高いメニューや、健康的なメニューを開発することが可能です。
競合他社が多いため、ライバルに差をつけるために栄養管理士が必要になります。

③配達をスムーズに出来るように配送センターのエリアを検討

食品を無駄なくスムーズに配送するために、配色センターをどこに設定すべきかを慎重に検討してください。

配送センターから半径5キロ圏内に無駄なく配達できるように検討しましょう。
配送センターのルートもいくつか検討しておくと、短時間で効率よい配送が可能になります。

↑pagetop