class="780-page">
Business Idea
サービス一覧

〜国民食を全国展開したビジネスモデル~

うどん店ビジネスとは

うどん店は、その名の通りうどんを中心に提供する店舗型のビジネスモデルです。

うどん、そば、ラーメンに代表される国民的なファストフードであり、80年代から全国規模のチェーン店が展開されたことから、エリア問わず顧客の認知度の高い業態となっています。

他の麺類を販売する飲食業態と比較すると、セルフサービス型の店舗数が多いため、顧客のシステムの理解度も高く、セルフサービスを導入しやすい業態ともいえます。

また、チェーン展開が広まったことから、製麺機などうどん店独特の厨房設備も比較的に入手しやすくなっています。

どんなモデルか

うどん店がまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.とにかく低原価、低オペレーション負担のビジネスモデル

一般に粉もの(小麦粉原料)の商品は低原価率とされていますが、このうどん店の主力商品となる「うどん」ももちろん低原価率です。売価の相場が下がっている近年でも、10%台の原価率で運営しているチェーン店まであるビジネスモデルです。

2.コストパフォーマンスとの勝負

うどん店舗を訪れるお客様はコストパフォーマンスに敏感なお客様が多いといわれています。大規模チェーン店が過去と比較してハイクオリティな商品を提供するようになった現在、うどん店ではさらなるコストパフォーマンスの良化が求められています。

3.トッピング、丼セットなどクロスセルも狙えるビジネスモデル

低原価率業態であるうどん店ですが、大手チェーン店が讃岐うどんに着想を得て、セルフサービスと天ぷらなどのトッピングシステムを広げたため、うどん単品だけでなく、トッピングでのクロスセルも狙える業態になりました。また、他の商品とのランチメニューなどセットメニューも広く受け入れられています。

うどん店が伸びている理由

うどん店が伸びている理由としては、以下のことが考えられます。

・小麦粉原料商品のため低原価率が狙える

・コンビニ跡地などどこでも開業できる

・うどん店という業態に知名度があるため、認知されやすい

出店エリアは繁華街からフードコート、住宅街まで幅広い選択肢があるのがうどん店の特徴です。しかし、比較的に参入しやすい業態なので、競合店が既に出店しているエリアも多く、同じ商圏内で競合店と棲み分けるための差別化が必要となってきます。

うどん店がおすすめの方

うどん店のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・オペレーション運営力に自信がある方

・ノウハウは無いが飲食店を運営していきたい方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方々や、新規事業としてうどん店を検討されている方々のため、うどん店は商品がほぼ決まっているためマニュアル化が容易であり、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、うどん店の成功ポイントを押さえておきましょう。

1.立地

一見の顧客の獲得のため、まずは、立地が重要になります。店舗の外装では目立つこと、認知度を高めることが重要で、製麺機や厨房などを「見えるシズル」として利用している事例もあります。

2.ランチタイムのオペレーション対策

うどん店は競合数も多いため、ランチタイムでの集客と回転数が売上の課題となります。

そのため、ランチタイムでの提供スピードなど店舗オペレーションが重要です。

3.季節のメニュー作り

リピート顧客比率を高めて経営を安定させるためにも必要なのが季節のメニューです。売れ筋のメニューだけでなく全ての商品を分析して、ざるうどんや卓袱うどんなど季節を先取りした構成に変えていくことが求められます。

↑pagetop