class="703-page">
Business Idea
サービス一覧

〜流行業態から定番業態へランクアップしたビジネスモデル~

イタリアン料理店ビジネスとは

イタリアン料理店は、その名の通りイタリア料理を中心に提供する店舗型のビジネスモデルです。

大きな特徴はイタリア料理が80年代〜90年代前半の流行が終わった後も、国内の飲食ビジネスの中で確固たる地位を保っていることです。そのため、「イタメシ」などの呼称で呼ばれることもあり、その知名度とイメージがあるため、参入しやすい業態となっています。

他の飲食ビジネスと比較すると、料理の難易度は比較的に低く抑えられていますが、競合店も多いため、冷凍食品などですべてのメニューを構成することは容易ではありません。しかし、フランス料理や日本料理のように熟練したキッチンスタッフが必要なほどではないとお考えください。

イタリアン料理店のビジネスモデル

イタリア料理店がまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.普段使いからフォーマルまで来店動機があるビジネスモデル

イタリア料理店の想定顧客は30代から60代の女性と言われています。

ただし、出店場所や店舗内装、価格帯によっては昼食のサラリーマン中心のターゲティングになることもあります。外食文化に完全に根付いたイタリアン業態はあらゆる立地で売上を狙うことができるビジネスモデルです。

2.料理のクオリティと店内の雰囲気の総合点で競うビジネスモデル

イタリアン業態ビジネスで近隣他店舗との差別化を図るのは第一に料理のクオリティと言われています。

ただし、イタリアという空気感を売りにする部分も大きいため雰囲気のある空間を演出できるかも差別化のポイントとなるビジネスモデルです。

3.ワインなどアルコール類で低原価率を達成できるビジネスモデル

原価率の比較的低いアルコール類の販売が、他の料理店ビジネスと比べて多いとされているのがイタリアン業態ビジネスです。定食業態などではアルコール類の売上比率が低いのでフードの原価率を吸収できるものがありませんが、イタリアン業態ではアルコール類の売上が見込めます。

イタリア料理店が伸びている理由

イタリア料理店が伸びている理由としては、以下のことが考えられます。

・アルコール類、パスタ、ピザなどは原価が安く、高い収益性を確保できる

・特殊な設備がなくても開業できる

・イタリア料理店という業態に知名度があるため、認知されやすい

出店エリアは繁華街からフードコート、住宅街まで幅広い選択肢があるのがイタリア料理店の特徴です。しかし、洋食の中では比較的に参入しやすい業態なので、競合店が既に出店しているエリアも多いので、同じ商圏内で競合店と棲み分けるための差別化が必要となってきます。

イタリア料理店がおすすめの方

イタリア料理店のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・調理のスキルに自信がある方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方々だったりするため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、イタリア料理店の成功ポイントを押さえておきましょう。

1.立地

まずは、立地が重要です。目立つこと、認知度を高めることが重要で、イタリア料理店として「わかりやすい」店づくりが求められます。

2.SNS対策

立地による集客には限界があるため、力を入れていかなければならないのがSNS集客です。

インスタグラムなどのSNSで注目を集められるような写真や企画を立てていく必要があります。

3.季節のメニュー作り

リピート顧客比率を高めて経営を安定させるためにも必要なのが季節のメニューです。売れ筋のメニューだけでなく全ての商品を分析して、季節を先取りした構成に変えていくことが求められます。

↑pagetop