class="687-page">
Business Idea
サービス一覧

〜国民的外食となったビジネスモデル~

回転すし店ビジネスとは

回転すし店は、その名の通り握り寿司を中心に提供する店舗型のビジネスモデルです。

老若男女、地域問わず顧客の認知度と好感度の高い業態となっています。

また、回転台などの内装設備、厨房設備さえあれば開業できること、外国料理の中で比較的容易に食材が確保できることなどから、フランチャイズチェーンも複数展開されています。

回転すし店のビジネスモデル

回転すし店がまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.国民的人気を誇る回転すし店

「好きな外食」として焼肉などと並び必ずといっていいほどランクインするのがこの「回転すし店」。外食をする際の選択肢としてランチタイムもディナータイムも人気のある業態といえます。

2.大手チェーンの寡占化が進むビジネスモデル

大手チェーンの市場シェアが年々高まりつつあるビジネスモデルが回転すし店です。その理由としては、商品を陳列する回転台など、他の飲食業態と比較して高額な設備投資が開業時に必要であることがあげられます。しかし、地場系や独立系の店舗も、単価や素材、調理方法で差別化することで、一定のシェアを確保できるビジネスモデルです。

3.テイクアウトも狙えるビジネスモデル

回転すし店は、主力の握り寿司がテイクアウトとして幅広く認知されており、座席数と回転率に縛られることの多い店内飲食以外での売上を狙うことができるビジネスモデルです。また、厨房設備から海鮮丼や定食類にも対応できるため、寿司以外の商品を提供したり、店名を変えて販売するデリバリーサービスのゴーストキッチンとしての役割も担うことができます。

回転すし店が伸びている理由

回転すし店が伸びている理由としては、以下のことが考えられます。

・認知度が高く、集客が期待できる

・コンビニ跡地などどこでも開業できる

・調理のスキルが比較的に容易

出店エリアは繁華街からフードコート、住宅街まで幅広い選択肢があるのが回転すし店の特徴です。しかし、出店時の設備投資額が大きいために想定する商圏が広くなってしまい、商圏内に競合店が既に出店しているエリアも多く、競合店と棲み分けるための差別化が必要となってきます。

回転すし店がおすすめの方

回転すし店のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・オペレーション運営力に自信がある方

・資本があり、新規参入が少ない市場に進みたい方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方々や、回転すし店は商品がほぼ決まっているためマニュアル化が容易であり、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、回転すし店の成功ポイントを押さえておきましょう。

1.立地

繁華街型の店舗も、郊外型の店舗も、一見の顧客の獲得のため、まずは、立地が重要になります。店舗の外装では目立つこと、認知度を高めることが重要です。また、立地によってはテイクアウト商品を店頭で販売することで認知度を得られる場合もあります。

2.オペレーション対策

回転すし店は競合数も多いため、集客と回転数が売上の課題となります。

客単価アップへの施策と並行して回転数の上昇施策も実行していく必要があります。

3.季節のメニュー作り

リピート顧客比率を高めて経営を安定させるためにも必要なのが季節のメニューです。売れ筋のメニューだけでなく全ての商品を分析して、季節を先取りした構成に変えていくことが求められます。

↑pagetop