Business Idea
サービス一覧

極上の体験を提供する宿泊施設付き高級レストラン、オーベルジュ

オーベルジュとは

オーベルジュとは旅館やホテルなどの宿泊施設に、高級レストランが融合したものです。1泊辺りの価格は平均で17000円前後であり、ラグジュアリーな宿泊施設です。

オーベルジュのビジネスモデル

オーベルジュがまずはどんなビジネスホテルかを見ていきましょう。

1.女性客や中高年の富裕層をターゲットとしたビジネスモデル

オーベルジュは宿泊機能よりも、高級食材の提供を主とする宿泊施設であり、女性客や中高年の富裕層によく利用されているビジネスモデルです。そのため、価格は高価格となり、ラグジュアリーな宿泊施設に分類されます。

2.宿泊機能よりも食事体験が重視されるビジネスモデル

他の宿泊施設との違いは、食事体験を主としているところにあります。宿泊予約の際にユーザーの嗜好や苦手な物などをヒアリングし、ユーザーに合わせた高級料理を提供します。また、オーナーが料理長であることが多く、いかに食事を楽しめるかが訴求点です。

3.口コミが収益増のカギとなるビジネスモデル

オーベルジュは、体験を売りにしている宿泊施設であるため、口コミがカギを握るビジネスモデルです。SNSや口コミサイトの発達に伴い、オーベルジュが注目が集まっています。丁寧な接客と食事・宿泊施設を提供し、口コミによって広がることで認知を獲得することが重要となります。

オーベルジュの市場動向

1.オーベルジュの利用者増が期待される

2017年の民間企業の調査によると、約313万人相当がオーベルジュを利用していると推計されています。同調査において、今後「ぜひ利用したい」「どちらかといえば利用したい」と考えている人は約2034万人相当であると推計されており、今後オーベルジュの利用者は増えていく傾向にあると考えられます。

2.口コミサイトやSNSの発達によるオーベルジュの認知向上

近年、口コミサイトやインスタグラムをはじめとするSNSの発達により、手軽に宿泊体験を共有できるようになりました。それに伴い、体験を提供するオーベルジュの認知度は向上し、様々なサイトでオーベルジュ特集が取り上げられています。現在は新型コロナウイルスの流行で需要が一時的に冷え込んでいるものの、収束後にはこれまでの我慢の反動でラグジュアリーなオーベルジュへの宿泊需要が増加していくと考えられます。

3.インバウンド需要の増加が見込まれる

国内延べ宿泊数は年々増加傾向にあります。少子高齢化が進むなか、政府として日本を支えるための成長戦略の大きな柱として、観光促進が掲げられています。平成30年度の訪日外国人観光客が3119万人であり、2030年には6000万人を目標として掲げています。現在は新型コロナウイルスの流行により、インバウンド需要は冷え込んでいますが、収束後はオーベルジュの需要も高まると考えられます。

オーベルジュがオススメの方

オーベルジュのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・徹底した食事体験を提供したい、シュフの方

・空間演出のノウハウがある、インテリアデザイナーの方

・接客ノウハウのある、高級宿泊施設の方

上記のような方々は、知見や活かして収益増を狙えるため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、オーベルジュの成功のポイントを押さえておきましょう。

1.食事体験の追求

まずは、食事体験の追求が必要です。地域に合わせた高級食材の調達、料理手法を追求していくことで、「ここでしか体験できない食事体験」を作り上げることがポイントになります。宿泊者の食事嗜好を事前にヒアリングしたり、当日の急な要望にも機転を利かせて対応することで、ユーザーに極上の食事体験を提供できるオーベルジュづくりを目指しましょう。

2.宿泊体験の追求

オーベルジュは食事体験の提供を主としていることから、宿泊施設は簡素なものも多く見られます。一方で、口コミサイト・SNSの発達により、宿泊体験も重視される傾向が強く見られます。客室のインテリアデザインの見直しや、接客サービスにも重きをおくことで、体験を共有したいと思えるオーベルジュづくりを目指しましょう。

↑pagetop