Business Idea
サービス一覧

収益率が高いカプセルホテル

カプセルホテルとは

カプセルホテルとは、カプセル状の簡易ベッドを提供しているホテルです。旅館業法では簡易宿泊所営業にあたり、安価に宿泊できることが特徴のホテルです。

カプセルホテルのビジネスモデル

カプセルホテルがまずはどんなビジネスホテルかを見ていきましょう。

1.若者の男性や、訪日外国人をターゲットにしたビジネスモデル

カプセルホテルは、若者の男性や、訪日外国人によく利用されているビジネスモデルです。1泊あたり1500円~4000円台のホテルが多く、低価格で宿泊できることから学生やサラリーマン、宿泊費用を安く抑えたい訪日外国人などに利用されています。最近では、女性専用のカプセルホテルの台頭により、女性客の利用者も増えています。

2.高収益なビジネスモデル

1人辺りの客室面積が小さく、カプセルによっては2段積みもできることから、低価格でありながら高い収益性を持つビジネスモデルです。シャワー施設やトイレを共用としているので、1フロア辺りに多くの人数を宿泊させることができます。通常のホテルの場合、ビル1棟をホテルとすることもありますが、カプセルホテルはビルの2フロア~3フロアだけでの構成も可能です。

3.24時間収益が得られるビジネスモデル

カプセルホテルは、施設の特性上ベッドとシャワーといった機能に限定されます。そのため、寝るためだけに使用する顧客も多く、チェックイン~チェックアウトの時間が短くなる傾向にあります。予約システムなどを活用することで、空いた時間は仮眠スポットや休憩スポットとして稼働できるため、24時間収益が得られるビジネスモデルです。

カプセルホテルの市場動向

1.カプセルホテル需要は拡大傾向

カプセルホテル需要は拡大傾向にあります。近年、清潔なコンセプトのカプセルホテルが注目されており、女性客や訪日外国人の利用者が増えています。観光庁によると、新型コロナウイルス流行前では4年間で稼働率は1.33倍に増加しています。現在は新型コロナウイルスの流行により需要は冷え込んでいるものの、収束後には需要は増加傾向にあると考えられます。

2.政府の成長戦略にインバウンド需要の増加が策定される

少子高齢化が進むなか、政府として日本を支えるための成長戦略の大きな柱として、観光促進が掲げられています。平成30年度の訪日外国人観光客が3119万人であり、2030年には6000万人を目標として掲げています。現在は新型コロナウイルスの流行により、インバウンド需要は冷え込んでいますが、収束後はビジネスホテルの需要も高まると考えられます。

カプセルホテルがオススメの方

カプセルホテルのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・稼働していないフロアを収益化したい、ビルオーナーの方

・空間演出のノウハウがある、インテリアデザイナーの方

・接客ノウハウのある、宿泊施設の方

上記のような方々は、知見や資産を活かして収益増を狙えるため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、カプセルホテルの成功のポイントを押さえておきましょう。

1.立地の選定

カプセルホテルの収益増には、立地の選定が重要です。サラリーマンをターゲットにする場合は駅前の立地、訪日外国人をターゲットとする場合は観光地や繁華街が望ましいです。限られた面積で多くのユーザーを宿泊させることができることから、立地が収益幅に大きく影響してきます。

2.居心地の良いカプセルホテルづくり

居心地の良いホテルづくりが重要です。成功しているカプセルホテルは、清潔なイメージやコンセプトを強く打ち出しています。どういったユーザーをターゲットにし、どのようなコンセプトを打ち出すのかを明確にし、居心地の良いカプセルホテルづくりを目指しましょう。

3.訪日観光客に対応できる従業員の雇用

近年、カプセルホテルは訪日外国人に好まれており、訪日外国人に対応できる従業員の雇用が重要になっています。宿泊体験は口コミに直結するため、英語の話せるアルバイトや、積極的に話をすることのできる外国人を雇用できると心強いです。

↑pagetop