Business Idea
サービス一覧

小規模経営ならでは差別化がカギとなるペンション

ビジネスホテルとは

ビジネスホテルとは、主にサラリーマンの出張など、ビジネスでの利用を想定したホテルです。立地は駅前や繁華街に多く見られます。比較的低価格であることから、ビジネスに限らず観光目的でも利用されています。

ビジネスホテルのビジネスモデル

そんなビジネスホテルがまずはどんなビジネスモデルかを見ていきましょう。

1.サラリーマンをターゲットとしたビジネスモデル

ビジネスホテルは、サラリーマンを中心に利用されているビジネスモデルです。1泊辺りの価格が3000円~7000円と比較的安く、立地も駅前や繁華街にあることから出張で宿泊したいサラリーマンに多く利用されています。

2.物件の取得が収益化のポイントとなるビジネスモデル

ビジネスホテルを開業する場合、物件取得費や什器備品費などが多額になるケースが多いです。物件取得費が高額になりすぎると、稼働率を高めないと回収できないため、物件の取得が重要になるビジネスモデルです。居抜き物件などを活用することで、物件取得費を抑えるという方法が有効です。

3.継続的な収益が期待できるビジネスモデル

ビジネスホテルは、継続的な収益が期待できるビジネスモデルです。オフィスが一定数以上ある立地で開業する場合、需要が保証されるため、長期間で安定した収益が期待できます。一方で、新型コロナウイルスの流行や災害などの外部要因に左右されやすいリスクも存在します。

■ビジネスホテルを取り巻く現状

1.外部要因による一時的な影響はあるものの、需要は底堅い

現在、新型コロナウイルスの流行による移動抑制により、一時的に需要は落ち込んでいるものの、需要は底堅いです。観光庁の観光統計によると、新型コロナウイルス流行前のビジネスホテルの客室稼働率は70 %を超え、6年連続で右肩上がり又は横ばいで推移しています。新型コロナウイルスの収束後は、インバウンド需要の増加も見込めるため、需要は底堅いと推測されます。

2.政府の成長戦略にインバウンド需要の増加が策定される

少子高齢化が進むなか、政府として日本を支えるための成長戦略の大きな柱として、観光促進が掲げられています。平成30年度の訪日外国人観光客が3119万人であり、2030年には6000万人を目標として掲げています。現在は新型コロナウイルスの流行により、インバウンド需要は冷え込んでいますが、収束後はビジネスホテルの需要も高まると考えられます。

ビジネスホテルがオススメの方

ビジネスホテルのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・物件を利用して収益増を狙いたいマンションオーナーの方

・不動産取得に知見のある、不動産業界の方

・接客ノウハウのある、宿泊施設の方

上記のような方々は、知見や資産を活かして収益増を狙えるため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、ビジネスホテルの成功のポイントを押さえておきましょう。

1.物件取得費を抑える

収益増には、物件の取得が重要です。物件取得費用によって、損益分岐点である稼働率が決まるため、できるだけ安く抑えることがポイントです。マンションやホテルの居ぬき物件を活用することで、改装費や水回り工事費用などを安く抑えることができます。

2.従業員の徹底した教育管理

近年、口コミサイトの台頭により、顧客のレビュー重視の風潮が強まっています。ホテルの接客は口コミに直結することから、従業員の接客や清掃の教育を徹底しましょう。「ホテルの良し悪しは従業員が決める」と気概を持って取り組むことが重要です。

3.コンセプトを決める

一概にビジネスホテルといっても、様々なコンセプトのビジネスホテルがあります。徹底的なコスト減による低価格施設や、大浴場やサウナ付きなどのラグジュアリーな施設、どこに行っても同じ内装で安心感のある施設など様々です。どういったユーザーをターゲットにするのかを明確にし、ターゲットに合わせた設備やサービスを用意しましょう。

↑pagetop