Business Idea
サービス一覧

小規模経営ならでは差別化がカギとなるペンション

ペンションとは

ペンションとは、家族などが専業で営み、洋風の住宅を宿泊施設として提供するホテルです。旅館業法ではホテル営業として位置づけられます。

ペンションのビジネスモデル

ペンションがまずはどんなビジネスホテルかを見ていきましょう。

1.観光客をターゲットとしたビジネスモデル

ペンションは、高原や海など自然環境に恵まれた観光地を訪れる観光客をターゲットとしたビジネスモデルです。ペット連れ可とするペンションも多く、ペット連れの夫婦や、ファミリー層の利用がみられます。

2.小規模経営で、固定費・維持費を抑えられるビジネスモデル

ペンションは、小規模な宿泊施設であることから固定費・維持費を抑えられるビジネスモデルです。家族などが専業・副業的に営むことが多いため、人件費なども低く抑えられます。また、所有している持ち家などを改装して利用することも多いため、物件取得費用が抑えられ、稼働率が低くても収益化することが可能なビジネスモデルです。

3.おもてなし・食事で差別化を図りやすいビジネスモデル

ペンションは、通常1泊2食付きの料金でサービスを提供します。洋風の宿泊施設を活かし、地域の食材を活かした洋食の提供を行うことで、他の宿泊施設との差別化を図りやすいビジネスモデルです。オーナーとのふれあいを重視する観光客も多く、積極的に観光客とコミュニケーションを取ることでリピーターの獲得にもつながります。

ペンションを取り巻く現状

1.ホテルや旅館の低価格化を受け、ペンション施設数は減少傾向

観光統計によると、年々宿泊施設の延べ宿泊数は増加傾向にあります。一方で、ホテルや旅館の低価格化、カプセルホテルなどの低価格宿泊施設の台頭により、競争の煽りを受けたペンション数は減少傾向にあります。

2.差別化により注目されているペンションも少なくない

ペンション数が減少する一方で、差別化を図り注目されているペンションも少なくありません。ペンションにグランピングエリアを併設したり、地域のステーキ牛食べ放題メニューなどを充実させることで、ラグジュアリー感のあるペンションが口コミサイトの上位に名を連ねています。

3.政府の成長戦略にインバウンド需要の増加が策定される

少子高齢化が進むなか、政府として日本を支えるための成長戦略の大きな柱として、観光促進が掲げられています。平成30年度の訪日外国人観光客が3119万人であり、2030年には6000万人を目標として掲げています。現在は新型コロナウイルスの流行により、インバウンド需要は冷え込んでいますが、収束後はペンションの需要も高まると考えられます。

ペンションがオススメの方

ペンションのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・稼働していない土地・空き家を収益化したい、地主・家主の方

・空間演出のノウハウがある、インテリアデザイナーの方

・自然環境豊かな場所で、第二の人生を歩みたい家族の方

上記のような方々は、知見や資産を活かして収益増を狙えるため、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、ペンションの成功のポイントを押さえておきましょう。

1.魅力のあるペンションづくり

まずは、魅力のあるペンションづくりが必要です。地域の自然環境を活かした体験・食事サービスの提供や、オーナーの趣味を活かしたパンづくり教室やガーデニング教室などの開催も効果的です。ペットを飼っている場合は、ペット連れも可とすることも有効です。様々な顧客にアプローチし、魅力のあるペンションづくりを目指しましょう。

2.集客による認知の獲得

ペンションは、高原や海辺などに立地している場合が多いため、認知を獲得することが重要です。ペンション団体に加盟したり、旅行会社の提携などを通じて送客してもらったり、地元のガイドブックやレジャーの専門誌などの編集部に働きかけることで認知を獲得することが重要です。

3.観光客との積極的なコミュニケーション

ペンションを利用するユーザーは、オーナーとのふれあいを重視する方も多いです。観光客と積極的にコミュニケーションを取り、地域の観光施設やアクティビティの紹介などを通じて、アットホームなペンションづくりを目指しましょう。

↑pagetop