Business Idea
サービス一覧

~新たな変革で巻き返しに挑むテーラー業界~

■どんなモデルか

注文洋服店はどのようなビジネスモデルでしょうか。

①注文洋服店の特徴

注文販売店で仕立てる洋服は基本的にジャケット、コート、スーツ等です。
顧客の要望に応じた商品を作り上げていきます。

仕立て方法は大きく2種類あり、ひとつが顧客の要望に応じて生地を選定し一からデザインをしていく方法、もうひとつはある程度決まっているパッケージから洋服の仕様を選定する方法があります。
ひとつが顧客の要望に応じて生地を選定し、一からデザインをしていく方法はオーダーメイドと呼ばれております。
様々な種類から洋服の仕様を選定する方法はイージーオーダーと呼ばれています。

オーダーメイドの場合は一から作り始めるので時間と手間がかかる上に洗練された技術力も必要となってくるので比較的高額であることが多いです。
オーダーメイドスーツの平均価格は20万円前後となっております。

②注文洋服店のビジネスモデル

注文洋服店の開業で必要とされる資格はありません。
顧客の要望を聞き、イメージに合った洋服を作り上げて販売していきます。
コンセプトにより単価が大きく変動する業界です。
高級な生地を使用したオーダーメイドは100万円を超える場合もあります。

■業界動向やトレンドについて

紳士服、衣料業界共に厳しい状況が続いています。
近年では在宅ワークにより、カジュアルなファッションが流行している為スーツの需要は減少しました。
新たな取り組みとしてネットでオーダースーツが頼める様になったり、見た目は限りなくスーツですが伸縮性があって動きやすいワークスーツ等が流行しています。
このワークスーツは大手もいち早く参入しており、価格競争が始まっています。
オンラインショップへの移行も年々高まっており、店頭販売だけで利益を出せている店舗は多くありません。

■注文洋服店運営に向いている方、おすすめの方

注文洋服店運営は、以下のような方におすすめです。
・会話をすることがお好きな方
・高いコミュニケーションが取れる方
・紳士服に関する知識がある方
・集中力と手先の器用さに自信がある方
・オンラインショップ運営の経験がある方
・ニーズを先読みすることが得意な方
・発想、想像が得意な方

■成功のポイントは?

注文洋服店の成功ポイントを押さえていきます。

①コンセプトを明確にした運営をする

注文洋服店をどのように運営していくかをしっかりと考えていく必要があります。
まず開業ですが、店舗型にするのか、無店舗型にするのかを定めなければいけません。
店舗型は実際に店舗を構え、顧客の採寸やその他調整は店内で行い、仕立て作業は作業所や工場で行うスタイルです。無店舗型は作業所のみを持ちます。ネットで運営もしくは、顧客訪問で採寸やその他調整を行うスタイルです。
製造工程も全てに対応していく全行程対応型か一部を外注していく一部工程外注型に別れます。
コンセプトによって営業スタイルが大幅に変わってくるので明確にして運営することをおすすめ致します。

②ネットショップやホームページの運営

店舗型でも無店舗型でもネットショップは運営していく様にしましょう。
ネットショップの利用率自体は年々増しています。
ネットでオーダーできるというのは大きな魅力でもあります。
商品の販促や入荷商品のお知らせも同時に行うことができますので注力していく必要があります。
お届けしたい情報が分かりやすくなる様なシンプルで洗練されたデザインをおすすめ致します。
競合のネットショップと比較して、自店の強みとなる部分や主軸にしているものは全面に打ち出し差別化も図りましょう。

新規事業をご検討されている皆様にお役立ちできれば幸いです。

↑pagetop