Business Idea
サービス一覧

~実店舗を持たずに好きな商品を販売できるビジネス~

■どんなモデルか

オンライン上で商品の取引をおこない商品を販売するネットショップ経営とはどのようなモデルなのかについて解説します。

①DtoC型で直接販売

メーカーが卸売消費者に対して直接販売するビジネスモデルです。SNSプラットフォームを通して販売ページに消費者を誘導し、直接商品を購入します。

既存のファンとの親密度を高めることができるだけでなく、商品開発への思いやメッセージを利用者に対して直接伝えることができます。

②通販代行販売サイトに登録して商品を安全に販売

オリジナル商品を制作し、注文が入り次第業者が特定の商品を発送します。自作のアクセサリー、Tシャツ、パーカーなど衣類まで幅広い商品を取り扱うことが可能です。

販売代行会社を通すことで、クレジットカードや振込先の手続きをする手間を省き、開業をスムーズにおこなうことが可能です。

③ドロップシッピング

ネットショップでは商品の在庫管理の手間を省くために、ドロップシッピングで在庫管理をする企業もあります。ドロップシッピングは、商品の在庫管理や商品発送を業者に委託して運用をする方法です。ドロップシッピングを活用することで、サイト運用に注力することが可能になります。

■業界動向やトレンドについて

ECサイトのあり方は日々変化をしています。通販サイトの普及により個人でも商品が出品できるようになりました。

電子マネーや仮想通貨の普及により、決済方法の多様化も進んでいます。出店するお店がどのような決済方法で、どのような配送手段で届けるのかについて検討しながら臨機応変にビジネスモデルを構築していく必要があります。

■ネットショップ経営がおすすめの方

ネットショップの向いている方は次のような方が該当します。

・競合との差別化を図るための戦略を寝ることができるマーケター
・実績のあるWEBデザイナー
・インフルエンサー

競合に差をつけ充実した商品ラインナップを提供する店舗づくりを心がけましょう。

■成功のポイントは?

ネットショップ経営を成功するためにどのようなことに気をつけるべきかポイントを解説します。

①リピーターをどのようにつけるのかを考える

新規獲得よりもリピーターをどのように獲得するのかが重要です。
ユーザーがこのサイトで商品を購入したいと考えるよう、顧客のニーズに応えたサービスを提供し続ける必要があります。

運用時には、新規獲得だけでなくリピーターの利用率を意識しながら運用を心がけましょう。

②顧客との接点を増やす

顧客との接点を増やし、新規獲得を安定的におこなうことが大切です。1つの販売チャンネルで顧客を獲得するのではなく、大手ネットショッピングサイト・モールへ出店し、商品の認知度を高める戦略も重要です。

③アプリを活用し顧客を囲い込む

商品を開発するだけでなく、顧客を囲い込むためのアプリを開発します。アプリをリリースし、店舗で利用できるクーポンを発行することで、利用者のサービス利用促進に繋げることが期待できます。

↑pagetop