Business Idea
サービス一覧

~コロナ禍で大人気になったダークストアモデル~

■どんなビジネスモデルか

ダークストアとは、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①実店舗では直接販売せず、インターネットで受注して宅配に特化

ダークストアとは、ネット販売された商品の配送拠点としての機能を持つ店舗を指します。

実際にお客さんが買い物をするスーパーと違って、利用客は店舗で直接買い物ができない仕組みのため、基本的に店舗の場所は公開されません。実体が見えにくいお店であることから、この名称がついたと言われています。

②30分以内に届く、早さと手軽さが人気

一般的な配送兼業スーパーと比べて、ダークストアの強みはとにかく早い。その理由として、3つが挙げられます。

1つ目は、配達エリアが狭いからです。

ダークストアの特徴として、広い範囲を目指さず、近くの住民をターゲットにするところです。配達エリアを狭くすることで、より早い速度で届けることを実現する。また、範囲が限定されるため、配達員はよりルートを把握しやすく、最短ルートで商品を配達することが可能です。

2つ目は、店内空間の快適さを配慮する必要がなくて、取りやすいように陳列を設計できる。

来客型の店舗ではないため、棚の間隔がすこし狭くても問題がありません。お客様の配慮は必要としなくて、店舗を設計することでスタッフがより取りやすいことを実現できます。

3つ目は、アプリを生かすことで、より早く商品を取ることできます。

まだ普及されていないが、スタッフ向けのアプリを導入すればより早く商品を見つけることが可能です。例えば、デバイスを体に付けて、探している商品に近づいたらデバイスが振動したり、鳴ったりしたら、商品を探す時間を短縮することができます。また、すでにアメリカ、中国で利用されている運輸ロボットを導入すれば効率はさらに上がるでしょう。現在はまだ高額ですが、将来的に安い価格で導入することも期待できるでしょう。

③成長性

ダークストアはより多くの業種から参入される理由として、高成長性という要素があります。近年、宅配は非常に速い速度で発展しており、弁当、野菜、様々なものは宅配の時流に乗って新しいビジネスモデルに代わっています。ダークストアはまさに宅配と似ているビジネスモデルで、配達を通じて消費者の利便性を向上します。在宅仕事で忙しいサラリーマンや出かけが不便なお年寄りなど、様々な宅配を利用する理由があります。この時流を掴めば、新事業と言っても、成功率が高いでしょう。

■業界動向やトレンドについて

コロナ禍によって、世界中でECの利用が急激に増えて、ダークストアの重要性と必要性もどんどん高まっています。

コロナ感染及び濃厚接触で自宅隔離になると、多くの方にEC利用が唯一の購買手段になります。

日本では去年の夏ごろから東京など大都市を中心にいくつもの会社が相次いで運営し始め、新しい業態として急成長しています。

また、コロナ収束したら利用者がなくなるのではと心配される方もいると思うが、ダークストアは独特なターゲット設定によって、速さと手軽さに関してネットストアと実店舗は及びません。そのため、コロナ収束しても安定に続くと予測されます。

■ダークストア事業がおすすめの方

①空き物件保有者

ダークストアの初期投資として、物件は大きな比重を占めています。そのため、物件投資を抑えることができれば、少額投資でダークストアを作ることが可能です。また、直接お客様向けの店ではないため、物件が古くても参入できるため、最大限に物件の価値を発揮できます。

②コンビニ、スーパー経営者

ダークストアのビジネスモデルはコンビニ、スーパーと違うと言っても、あくまでものを販売する小売業のため、売る商品がなくてはなりません。そのため、もともとコンビニ、スーパーを経営している人だったら、商品の調達に詳しくて、より短い時間で開店することが可能です。

③配達業者

ダークストアと来客型の店舗と比べて、最も大きい強みは配達速度と言えるでしょう。注文したらいかに早い速度で届けるかダークストアの成功ポイントになります。そのため、配達業者が参入すると、もともとの強みを最大限に生かすことができて、成功率をあげられます。

■成功のポイントは?

ダークストア事業のビジネスモデルの成功ポイントを押さえておきます。

①速さの確保

速さで競争しているため、いかに時間短縮で、より早く注文者に届けられるかがポイントになります。

②持っている資源との親和性

配達、商品、物件の整合のため、いずれか持っていれば比較的に参入しやすく、コストも抑えられます。逆にどちらの資源も持っていないと、参入コストが高くなるため、営利までの見込みも長くなるでしょう。

③ウェブ広告の活用

ダークのため、看板で集客は必然的に難しくなります。そのため、いかにWeb広告を活用して、より多くの住民に知ってもらうのが大事な要素になりますダークストアを立ち上げる同時に、Web広告も同時利用する必要があります。

↑pagetop