New business Column
新規事業コラム
2024.06.24

新規事業を成功させる8つのプロセス!進め方や事例についても紹介

1. 企業にとっての新規事業とは?

新規事業とは、既存のビジネスモデルや市場に依存せず、新たな価値を創出するための取り組みです。企業が持続的に成長し、競争優位性を維持するためには、既存事業に加え、新たな収益源となる事業の創出が求められます。技術の進化や市場の変化は、従来のビジネスモデルでは対応しきれない新しいニーズを生み出します。これに応じる形で、新しい製品やサービスを開発し、これまでとは異なる市場や顧客層に提供することが、新規事業の本質です。企業は、内部リソースや外部のパートナーシップを活用し、新たな市場機会に挑戦することで、将来の成長の礎を築いていきます。

2. 新規事業の意義

新規事業の意義は、企業が市場の変化や技術革新に適応し、長期的な成長を達成するための重要な手段です。市場が成熟する中で、既存の製品やサービスだけでは収益の拡大が難しくなります。このような状況下で、新規事業は新しい市場ニーズに応え、企業の持続可能な競争力を強化します。また、新規事業は、企業が新たな収益源を確保するための手段としても機能します。例えば、成熟市場での競争が激化する中、新規事業によって企業はリスクを分散し、長期的な安定成長を実現します。

3. 新規事業の役割

新規事業の役割は、企業が競争力を維持し続けるための重要な戦略的要素として機能する点にあります。新規事業は、企業の成長を支える新たな収益源を提供し、既存事業の限界を超える新しい市場機会を創出します。これにより、企業は市場環境の変化に対して柔軟に対応し、持続的な競争優位を確立することができます。新規事業の成功は、企業全体のブランド力を高め、顧客基盤を拡大することで、企業の成長を加速させる効果があります。また、組織全体にイノベーション文化を浸透させ、社員のモチベーションを高める効果も期待できます。

4. 新規事業の形態

新規事業には様々な形態があり、企業の戦略やリソースに応じて適切な形態を選択することが重要です。一般的な形態には、社内ベンチャー、M&A、共同事業、アウトソーシングがあります。社内ベンチャーは、社員の創造的なアイデアを育成し、企業内で新たなビジネスを立ち上げる方法です。M&Aは、既存の企業や事業を買収して自社のビジネスを拡大する手法です。共同事業は、複数の企業が協力して新規事業を展開する方法で、リソースやノウハウの共有が可能です。アウトソーシングは、新規事業の一部を外部企業に委託することで、コストを抑えつつ迅速に市場に投入する手法です。

5. 失敗要因とリスク管理

新規事業の失敗要因には、様々なものがあります。市場の誤評価、資金不足、技術的課題、法規制の不遵守などが主な要因です。これらのリスクを適切に管理するためには、事前の市場調査やリスク評価が欠かせません。市場の誤評価は、新規事業が想定した市場ニーズに合致しない場合に発生し、これは徹底的な市場調査と顧客分析によって防ぐことができます。資金不足は、事業のスケールアップや運営の継続に必要な資金が不足する場合に生じます。これを防ぐためには、慎重な財務計画と資金調達戦略が必要です。技術的課題は、新技術の導入や開発において予期せぬ問題が発生することを指し、これに対応するためには技術的リスクの評価と管理が不可欠です。法規制の不遵守は、法律や規制の変更により事業運営が困難になるリスクであり、法務部門との密接な協力が求められます。

6. 事業環境の変化への対応

事業環境の変化に対応するためには、アジャイル経営やリアルタイムの市場分析が不可欠です。市場は絶えず変化し、消費者のニーズや競争環境もダイナミックに変動します。このため、企業は内部プロセスを柔軟にし、外部環境の変化に迅速に対応できる体制を整備する必要があります。アジャイル経営は、小さなチームが自己組織化し、迅速に意思決定を行うことで、環境の変化に即応する手法です。リアルタイムの市場分析は、データを活用して現在の市場動向や顧客の行動を即時に把握し、迅速な対応を可能にします。これにより、企業は機会を逃さず、競争力を維持し続けることができます。

7. 社内体制の構築

新規事業の成功には、専任チームの編成やプロジェクトマネジメントの導入が不可欠です。専任チームは、専門的な知識やスキルを持つメンバーで構成され、新規事業に集中して取り組むことができます。これにより、プロジェクトの進行がスムーズになり、効率的に作業を進めることが可能です。プロジェクトマネジメントの導入により、プロジェクトの進捗状況を効果的に管理し、問題発生時には迅速に対応することができます。上級管理職の支援も重要であり、新規事業の成功に向けたリソースの確保や意思決定の迅速化が実現されます。また、社内の各部門との連携も欠かせず、リソースの効率的な配分や情報共有が求められます。

8. 顧客との関わり

顧客との関わりを深め、フィードバックを積極的に収集することは、新規事業の成功に欠かせません。顧客のニーズや期待に応えるためには、顧客の声を反映した製品やサービスの改善が必要です。これには、定期的な顧客調査やテストを実施し、ユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させる取り組みが含まれます。顧客からのフィードバックは、製品やサービスの改善点を見つけ出し、それに迅速に対応するための貴重な情報源です。また、顧客との対話を通じて、顧客満足度を高めるための戦略を策定し、顧客との信頼関係を築くことが重要です。これにより、競争優位性を維持し、新規事業の成長を促進することができます。

9. スケールアップの戦略

新規事業をスケールアップするためには、地域拡大や新製品ラインの追加、グローバル展開などの戦略が求められます。スケールアップは、新規事業を大規模に展開し、より多くの顧客にリーチするためのプロセスです。この過程では、追加の資金調達が重要となり、投資家からの支援を受けて事業の拡大を図る必要があります。また、戦略的パートナーシップの形成も効果的であり、他企業との協力によりリソースやノウハウを共有し、市場への迅速な進出が可能になります。スケールアップの際には、新しい市場の特性を理解し、それに適応したアプローチを取ることが重要です。これには、ローカライズ戦略や新しいマーケティング手法の導入が含まれます。

10. 法規制とコンプライアンス

新規事業を展開する際には、法規制やコンプライアンスの遵守が不可欠です。企業は、各国や地域の法規制に対応しながら事業を進める必要があります。これには、知的財産権の保護、データ保護、労働法、環境規制などの法的要件を組み込み、コンプライアンス体制を整備することが求められます。法規制の変更に伴い、事業運営に影響を与える可能性があるため、法務部門との密接な協力が必要です。また、グローバル展開を行う際には、各国の異なる法規制に対応するための現地の法律専門家の支援も重要です。これにより、企業は法的リスクを低減し、信頼性の高いビジネス運営を実現できます。

11. エコシステムの活用

新規事業の推進には、スタートアップ・エコシステムの活用が効果的です。インキュベーターやアクセラレーターは、新規事業に必要なリソース、メンタリング、ネットワーキングの機会を提供します。これにより、企業は迅速に新規事業を立ち上げ、成長させることができます。また、ベンチャーキャピタルは、資金調達だけでなく、事業拡大のための戦略的な支援も行います。スタートアップ・エコシステムに参加することで、他のスタートアップや企業との協力関係を築き、新しい市場チャンスを発見することができます。エコシステムの活用により、企業は迅速に新規事業を立ち上げ、成長させることが可能です。

12. 心理的側面

新規事業の推進には、リーダーシップやチームのモチベーション維持が重要です。リーダーはビジョンを明確にし、チームに共有し、共通の目標に向かって努力するための環境を作り出す必要があります。また、ストレス管理のためのサポート体制を整え、社員の心理的な負担を軽減することも重要です。社員のモチベーションを高めるためには、挑戦する文化を育み、失敗を恐れずに新しいアイデアに取り組むことを奨励する環境が必要です。心理的なサポートにより、チームは新規事業の推進に集中し、成果を上げることができます。リーダーシップは、チームが一丸となって目標達成に向かうための重要な役割を果たし、企業の成長を支えます。

13. 新規事業を成功させる8つのプロセス

1. アイデアの発想: 新規事業は創造的なアイデアから始まります。市場のトレンドや顧客のニーズを洞察し、革新的なアイデアを生み出すためのブレインストーミングやデザイン思考を活用します。これにより、競争力のある新しいビジネスコンセプトが形成されます。
2. 市場調査: アイデアの実現可能性を検討するために市場調査を行います。市場調査では、ターゲット市場の規模、競合の動向、顧客のニーズを分析し、新規事業の成功可能性を評価します。これにより、アイデアが市場で受け入れられるかを判断します。
3. ビジネスプラン作成: 市場調査の結果を基に具体的なビジネスプランを作成します。ビジネスプランには、製品やサービスの概要、収益モデル、マーケティング戦略、財務計画が含まれます。これにより、事業の方向性と実行計画が明確になります。
4. 資金調達: 新規事業の立ち上げには資金が必要です。ベンチャーキャピタル、クラウドファンディング、銀行融資など、様々な資金調達手段を検討し、必要な資金を確保します。資金調達は、事業のスケールアップにも重要な役割を果たします。
5. 事業の設立: 法的手続きを経て、新規事業を公式に設立します。事業設立には、事業登録、組織体制の整備、必要なライセンスの取得が含まれます。これにより、事業運営の基盤が整えられます。
6. 製品やサービスの開発: 実際に製品やサービスを開発します。プロトタイプの制作や市場でのテストを通じて、製品やサービスの品質と市場適合性を確認します。これにより、製品やサービスの最終調整が行われます。
7. マーケティングと販売: 製品やサービスを市場に投入し、効果的なマーケティング戦略を展開します。ターゲット顧客に向けた広告キャンペーンやプロモーション活動を行い、市場での認知度を高め、販売を促進します。
8. 評価と改善: 定期的に事業のパフォーマンスを評価し、改善点を特定します。KPIのモニタリングや顧客フィードバックを基に、製品やサービスの改善を行い、事業の成功を持続させます。これにより、事業運営の最適化が図られます。

14. 新規事業の戦略タイプ

• 新規市場開拓戦略: 既存製品を新しい市場に導入する戦略です。この戦略では、新しい地域や顧客セグメントへの進出を通じて、新たな収益源を開拓します。市場特性や規制の違いに適応し、製品やサービスの提供方法を最適化します。
• 新製品/サービス開発戦略: 既存市場で新たな製品やサービスを開発する戦略です。この戦略は、既存顧客に対して新しい価値を提供し、市場シェアを拡大します。顧客の潜在的なニーズや市場のトレンドを見極め、新しい製品やサービスを迅速に市場に投入します。
• 多角化戦略: 異なる分野に進出し、新たな市場で製品やサービスを展開する戦略です。この戦略は、既存事業のリスクを分散し、企業全体の安定性と成長を確保するために効果的です。多角化には、新市場の特性を理解し、既存のノウハウやリソースを活用するアプローチが求められます。
• 事業転換戦略: 既存事業の縮小や廃止を前提に、新しい市場で新製品やサービスを開発する戦略です。この戦略では、既存事業のリソースを再配置し、新たな事業機会に対応する柔軟性が求められます。市場の変化に迅速に対応し、企業の成長を図ります。

15. 新規事業を成功させるフレームワーク

• アイデア発想のためのフレームワーク: デザイン思考やバックキャスト型アプローチを活用して、ユーザーの潜在的なニーズを掘り下げ、革新的なアイデアを生み出します。これにより、新しいビジネスコンセプトが形成されます。
• 市場調査のためのフレームワーク: SWOT分析やPEST分析を活用して、市場の機会や脅威を評価します。これにより、自社の強みと弱み、市場の機会と脅威を分析し、新規事業の方向性を決定します。
• 事業モデル構築のためのフレームワーク: ビジネスモデルキャンバスを使用して、新規事業の全体像を視覚化し、戦略を整理します。これにより、顧客セグメント、価値提案、チャネル、収益の流れなどを明確にし、事業モデルの全体像が把握できます。
• マーケティングのためのフレームワーク: 4P分析(Product、Price、Place、Promotion)やSTP戦略(Segmentation、Targeting、Positioning)を組み合わせて、マーケティング戦略を策定します。これにより、ターゲット顧客に対する効果的なアプローチが可能になります。
• 事業評価と改善のためのフレームワーク: KPI(Key Performance Indicator)やBSC(Balanced Scorecard)を活用して、事業のパフォーマンスを評価し、戦略的な改善策を導入します。これにより、事業運営の最適化が図られます。

16. 新規事業を円滑に進めるポイント

• リソースの調達方法を見極める: 自社リソースと外部リソースを適切に組み合わせて効率化を図ります。内部の強みを活かしつつ、外部の専門家やパートナーを活用して、必要なスキルや技術を補完します。これにより、コスト効率を高めつつ、迅速に市場投入を実現します。
• 先端情報や未来情報のインプット: 未来予測情報や最新のテクノロジー情報を活用して市場の方向性を把握します。これにより、新規事業の計画に基づいた将来予測と戦略的な計画が可能となります。市場のトレンドや技術の進化を常にフォローし、これらを事業計画に反映します。
• 行政/他業種との連携: 他業種や行政との協働により、新たな視点や技術を取り入れます。行政との連携により、規制の変化や地域特有のニーズに対応し、他業種との連携により、異なるノウハウや技術を活用して競争力を高めます。これにより、事業の成否を左右する重要な要素を効果的に管理します。
• 補助金の活用: 補助金を活用して、資金負担を軽減します。補助金の利用により、事業の初期段階での資金調達の負担を軽減し、リスクを低減します。これにより、事業のキャッシュフローを改善し、安定した成長をサポートします。
• テクノロジーの活用: 最新のテクノロジーを導入して、業務効率を向上させます。クラウドサービスやビッグデータ解析ツール、AI技術を活用して、リアルタイムのデータ分析や迅速な意思決定を可能にします。これにより、事業運営の最適化とコスト削減を実現します。
• マーケティング: 効果的なマーケティング戦略を通じて、製品やサービスの認知度を向上させます。ターゲット顧客に対するパーソナライズドマーケティングやデジタルマーケティングを活用し、ブランドの認知度を高め、市場での競争力を強化します。これにより、新規事業の成長を促進します。

17. 新規事業の事例

A. ヘルスケア企業X社の遠隔診療サービス

企業概要
ヘルスケア企業X社は、従来の医療機器の製造と販売を主軸としてきましたが、近年、デジタルヘルスの重要性が増す中で、遠隔診療サービスを立ち上げました。この新規事業は、医療提供の新しい形を模索し、患者の利便性向上と医療アクセスの拡大を目指しています。
新規事業の背景
遠隔診療の需要は、パンデミックの影響で急速に増加しました。社会的な距離を保つ必要性や、非接触型医療サービスへの関心の高まりを受け、X社はこれを好機と捉え、遠隔診療サービスの開発を決定しました。市場調査により、特に高齢者や地方在住者の医療アクセスの課題が明らかになり、これを解決するための技術開発に着手しました。
事業の設立と展開
X社は、既存の医療機器と連携可能な遠隔診療プラットフォームを開発し、患者が自宅から医師の診断を受けられるようにしました。このプラットフォームには、診察予約、ビデオ通話、電子処方箋の発行、健康データのモニタリング機能が統合されています。事業開始前には、法規制のクリアと医療機関との連携体制の構築を行い、2021年に正式にサービスを開始しました。
成果と影響
サービス開始から半年で、数十万人の患者が利用し、満足度調査でも高評価を得ました。X社は、この遠隔診療プラットフォームを通じて、地方や医療過疎地域の患者の医療アクセスを改善し、通院の負担を軽減しました。また、医療機関にとっても診療の効率化に寄与し、患者との接触リスクを減少させることで、感染症対策にも効果を発揮しました。
今後の展望
X社は、遠隔診療サービスの機能を拡充し、AIを活用した診断支援システムや、リモート健康モニタリングデバイスとの統合を計画しています。また、海外市場への展開も視野に入れており、各国の規制対応と現地医療機関との連携強化を進めています。

B. テクノロジー企業Y社のクラウドゲームサービス

企業概要
テクノロジー企業Y社は、従来はPC向けソフトウェアの開発と販売を行っていましたが、クラウド技術の進化を背景に、新たにクラウドゲームサービスに参入しました。この新規事業は、ゲームのインストール不要で、インターネット経由でプレイできるプラットフォームの提供を目指しています。
新規事業の背景
クラウドゲーム市場は、高速インターネットの普及とデバイスの高性能化により急成長しています。Y社は、自社のクラウド技術を活かしてゲーム市場に参入することで、新たな収益源を確保することを狙いました。市場調査の結果、ユーザーは高品質なゲーム体験と手軽なアクセスを求めており、このニーズに応えるためのサービス開発に着手しました。
事業の設立と展開
Y社は、自社のクラウドインフラを活用し、ゲームをリアルタイムでストリーミング提供するプラットフォームを開発しました。これにより、ユーザーは専用のゲーム機や高性能PCを必要とせず、インターネット接続だけでゲームを楽しむことができます。サービスは、2022年に正式に開始され、さまざまなゲーム開発企業とパートナーシップを結び、豊富なコンテンツを提供しています。
成果と影響
サービス開始から1年で、数百万のユーザーを獲得し、ゲーム業界での新たなプレーヤーとしての地位を確立しました。ユーザーのゲーム利用時間が増加し、満足度も高い水準を維持しています。また、ゲーム開発者にとっても、新しい収益モデルを提供し、より広範なユーザー層にリーチする機会を提供しました。
今後の展望
Y社は、クラウドゲームサービスの品質向上と新機能の追加に注力しています。今後は、VR対応やAIによるゲームプレイの最適化、さらにはグローバル展開を視野に入れた市場拡大を進めていく予定です。また、より多くのゲーム開発企業との連携を強化し、コンテンツの多様化を図ります。

C. オンライン販売企業Z社のサブスクリプション型ストリーミングサービス

企業概要
オンライン販売企業Z社は、電子商取引を主な事業として展開してきましたが、デジタルコンテンツ市場の成長を背景に、新たにサブスクリプション型のストリーミングサービスを立ち上げました。このサービスは、音楽や映画、ドラマなどを月額料金で視聴できるプラットフォームを提供しています。
新規事業の背景
デジタルコンテンツ市場は、ストリーミングサービスの普及により急拡大しています。Z社は、自社のeコマースプラットフォームと連携させたストリーミングサービスを提供することで、顧客のライフスタイルに合わせた統合的なサービスを実現することを狙いました。市場調査により、消費者の多様なエンターテインメントニーズが浮かび上がり、この分野での新規事業展開が決定されました。
事業の設立と展開
Z社は、自社のデジタルプラットフォームを基盤に、ストリーミングサービスの開発を進めました。豊富なコンテンツライブラリを構築し、ユーザーにとっての使いやすさを重視したインターフェースを提供しています。サービスは2023年に正式に開始され、既存のeコマースユーザーに対するクロスプロモーションも展開しています。
成果と影響
サービス開始後、短期間で数百万のサブスクリプション登録者を獲得し、ストリーミング市場での競争力を確立しました。顧客の満足度も高く、Z社の総合的な顧客エコシステムの一部として機能しています。さらに、コンテンツ制作者にとっても、新しい配信チャンネルとしての可能性を提供し、収益機会を拡大しました。
今後の展望
Z社は、ストリーミングサービスのコンテンツ拡充と技術的な改良に注力しています。特に、パーソナライズド推奨システムやインタラクティブコンテンツの導入を検討しています。また、国際市場への展開を視野に入れ、各地域のコンテンツ制作者と協力して、グローバルでの競争力を強化する計画です。

18. まとめ

新規事業は、企業の成長と競争力を維持するための重要な手段です。成功には、市場調査、ビジネスプランの策定、リスク管理、スケールアップ戦略、法規制遵守、エコシステムの活用など、多くの要素が関わります。新規事業の各プロセスを効果的に実行し、顧客のニーズに応えるための柔軟な戦略を採用することが重要です。企業は、新規事業の推進に向けて、内部リソースや外部のパートナーシップを活用し、持続可能な成長を実現します。柔軟な発想と実行力を持ち、新しい市場チャンスを捉え、未来への道を切り開くことが、新規事業の成功の鍵です。これにより、企業は競争力を強化し、長期的な成長を支えることができます。

19.船井総研の新規事業開発支援コンサルティングの特徴

①新規事業専門のコンサルタントが直接サポート

単なる案の作成にとどまらない、事業立ち上げを経験しているからこその厳しい視点から事業案を評価し、ブラッシュアップしていきます。
事業案に応じて、弊社業種別コンサルタントの知見も導入します。

②自社の強みを活かした事業案の立案

自社の強みについての認識を各部署から集約し、多数の企業をご支援させて頂いている弊社コンサルタントの外部の視点も加えて、自社の強みを特定します。

③会社トップ層に刺激を与え、新しいことを考え続ける組織能力を獲得

各自が事業を自分で完成させるため、様々な未知の領域の情報を収集し、足を使って現場に行って調査する経験を積んで頂くことで、新しいことを考える癖付けができます。
船井総研の新規事業開発コンサルティングサービスは、新規事業開発の進め方・勝てる戦略・計画の立案から事業案探し、評価、立ち上げ、展開に至るまで、幅広いサポートをご提供します。
経験豊富なコンサルタントが最新のデータやノウハウをもとに、企業様の新規事業開発をご支援いたします。


執筆: B-search

Related Column 関連コラムはこちら

Hot Column 人気記事一覧

↑pagetop