Business Idea
サービス一覧

~新たな小売業態「業務スーパー」のDX戦略~

■どんなモデルか

新たな食品スーパーとして注目される「業務スーパー」は、どのようなビジネスモデルなのかについて解説します。

①海外製造商品を安く大量に仕入れ破格で提供

業務スーパーは、他の食品スーパーよりも安くて品揃えが豊富な特徴があります。
破格の値段で提供出来る秘密には、海外工場からの大量買付けです。

海外製造商品を生産工場から直接仕入れることで、マージンをカットし破格の価格での提供を可能にします。さらに加工が必要なものは、自社工場で加工し製造することでコストのカットにも成功しています。

低価格で商品を販売しているため、消費者から不安という声もありました。最近ではメディアで仕組みを独自に説明することで、安全性や品質の高さを訴え多くの利用者獲得に成功しました。

②製版一体性でPB商品を開発

業務スーパーで成功しているお店は、PB商品を独自のアプローチで開発をしています。

商品のコストパフォーマンスを向上するため、工場で加工する製品開発にも力を入れています。例えば、紙パックのジュースを製造するラインでは、牛乳からオレンジジュースまで、全く違う商品を製造しています。

1つのラインでバラエティ豊富な商品を製造することで、設備コストを削減し商品価格を低価格で提供することを可能にしています。

③1カテゴリに数ブランドに限定

通常の食品スーパーであれば、1つのジャンルにつきさまざまなブランドの商品を陳列し、お客様に対しての選択肢を与えます。

業務スーパーでは、1つのカテゴリに対して数ブランドに絞り商品を陳列します。商品のブランドを絞ることで大量仕入れをしやすくするだけでなく、自社で製造したPB商品を販売しやすくすることが可能になります。

■業界動向やトレンドについて

近年では、製造ラインを確立するだけでなく、無駄をなくすためのDX化が進んでいます。
業務スーパーの大手「神戸物産」では、ソフトバンクと提携しDX技術の導入を検討しています。

店舗をAIカメラによる品切れ検知システムや、会計時の自動スキャンによる取引のスムーズ化するシステムの導入が検討されています。

■業務スーパーがおすすめの方

業務スーパーの経営を始める方の中では次のような方におすすめです。

・物販の経験がある方
・物販だけでなく、デジタル技術の知識が豊富な方
・マーケティングのプロ

業務スーパーでは、フランチャイズを募集している企業もあります。FCから知識を学び開業する方法もおすすめです。

■成功のポイントは?

業務スーパーで成功するためのポイントを整理しましょう。

①商品の仕入れルートの確立

商品を安く大量に仕入れるために、商品をどこから入手すべきか入手ルートの検討をしてください。輸入国に偏りがあると消費者の信頼度を失ってしまう恐れがあります。バランスよく仕入れ先を検討しましょう。

②コストカットの戦略を検討する

独自のコストカット方法を検討することも大切です。DXを活用した製品管理、工場での製造方法など、あらゆる面から検討しましょう。

③SNSを活用しお店の認知度を向上する

口コミで話題を集め集客に繋げることも大切です。開業後は定期的にSNSでの情報発信を心がけましょう。

情報を発信する際には、消費者が注目をするようなインパクトのあるコンテンツを制作することも大切です。

参考URL
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00290/091500016/
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00362/00039/
https://note.com/mem_yu/n/nf5b995d282a6
https://manetatsu.com/2019/03/173406/

↑pagetop