Business Idea
サービス一覧

~コロナ禍で見出した「新しいインフラ」としての移動スーパー〜

■どんなモデルか

超高齢者社会で注目されつつある「移動スーパー」とはどのようなビジネスモデルなのでしょうか。

①特定のエリアに移動しながら商品を販売

「買い物難民」「買い物弱者」や過疎地域に軽トラックで移動し、商品を販売します。
軽トラックに詰める商品のアイテムが1200〜1500限られているので、エリアのニーズに合わせて最適な商品を選択します。

②開業タイプも豊富

開業する方法は、大きく分けて「販売パートナー制度の利用」「地域共生」「独自開業」の3つの方法があります。

大手コンビニやスーパーが特定の地域に提供するサービスを利用すれば、開業時のノウハウを独自で開発する必要はありません。

買い物難民の問題を抱えている地域には、補助金制度を活用して開業を促進する制度を設けている場合もあります。

開業方法は地域によってさまざまです。開業を検討する前に予定地域ではどのような制度が設けられているのかをリサーチすることをおすすめします。

③三密を避けられるビジネスモデル

移動スーパーは、駐車場で店舗を経営するため三密を回避しながら商品を販売できるビジネスモデルです。コロナ禍でも開業出来るだけでなく、非常事態化でも事業が展開できます。

■業界動向やトレンドについて

超高齢化社会に突入し、買い物が不便に感じている住民は年々増加傾向にあります。
農林水産省が調査した「食料品アクセス問題」に関する全国市町村アンケート調査結果によると、現時点で83.5%の自治体が、何らかの対策が必要と感じています。

今後も、既存のスーパーに足を運ぶことが困難な住民が増加し、何らかの対策が必要となり移動スーパーは、問題を解決するための1つの「解決策」として注目される可能性があります。

参考
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/pdf/r2kaimonokonnan.pdf

■移動スーパーがおすすめの方

移動スーパーがおすすめの方は次のような特徴を持っている方です。

・地域特性を熟知している人
・小売店などの経験者
・マーケティングに強い

地域毎に安定した顧客を獲得するためにどのようなことが必要なのか、顧客ニーズを満たすことができる人材が求められるでしょう。

■成功のポイントは?

移動スーパーで成功するためには、どのようなポイントに意識をすべきか成功のポイントについて整理しましょう。

①パートナー制度の仕組みを理解する

販売パートナーとして開業をする際には、提携先企業との制度内容を確認しましょう。

報酬形態、仕入れ商品の条件、その他独自ルールなどを精査しながら契約内容を確認し、条件の良いパートナー企業を探してください。

②地域住民の声に商品のラインナップを検討

移動スーパーでは、住民の声に対して柔軟に対応する必要があります。住民の声を聞きながら仕入れるべき商品とそうでない商品を区別しながら、販売戦略を検討しましょう。

③開業コスト・出店エリアの検討

独自で開業をするためには、開業コストを極力抑える必要があります。コストを抑えるために、自治体の補助金制度などを活用できないか検討してください。

開業コストだけでなく、出店エリアの事前リサーチをおこない、他業者が参入していないかを確認してください。開業前にリサーチを徹底的におこない、事業として成り立つエリアかを見極めましょう。

↑pagetop