Business Idea
サービス一覧

〜幅広い保険知識と親身な対応が求められる損害保険事業〜

■損害保険事業のビジネスモデル

1.個人向け保険

個人に向けた保険商品には、自動車保険、自然災害や傷害、盗難、旅行などがあります。

損害保険は補償の対象や範囲をあらかじめ設定し、保険対象期間内に起きた損害に対して保険金の支払いで補償する形が一般的です。

損害保険は掛け捨てである場合が多く、保険金の支払いを差し引いた保険料が保険会社の収益となります。

2.法人向け保険

法人向けの保険商品には、業務上の事故、災害による器物破損、労災などがあります。

業種により発生し得る事故や補償をつけたい物品などが異なるため、職種ごとのニーズに応えた保険商品の提案が必要となります。

また、事故が起きた際に賠償についての相談に乗るコンサルタント業務も損害保険会社の業務の一部です。

■損害保険事業の取り巻く現状

1.日本市場は世界4位の規模

世界的な保険会社であるSwiss Re社発行の機関誌「sigma」の2019年調査によると、損害保険の市場規模第1位は米国の約201兆円、日本は第4位で約12兆円でした。

生命保険も日本は世界市場の2位となっており、日本が保険大国である現状が窺えます。

2.損害保険の6割は自動車関連

日本損害保険協会の「ファクトブック2020」によると、2019年の国内の損害保険業界の市場規模を表す正味収入保険料のうち全体の47.7%は自動車保険、11.4%は自賠責保険でした。

この2つを合わせると全体の6割ほどが自動車関連の保険であるということになります。

3.家計地震保険が加入増加傾向

日本損害保険協会の「ファクトブック2020」によると、は火災保険の契約者に対する家計地震保険の付帯率は、2006年の41.7%から2019年の66.7%まで上昇しており、増加傾向が見られます。

地震の被害が頻繁に見られる昨今ではこの傾向は継続していくものと思われます。

■おすすめの方

損害保険事業がおすすめの方は、以下の通りです。
・人材育成に関心がある
・問題解決が好きである
・保険知識を学び続ける意欲がある

上記のような方々は、幅広い保険知識と親身な対応が求められる損害保険事業を成功できるため、おすすめのビジネスモデルです。

■成功のポイント

1.利益の出る保険価格算定と商品開発

保険事業で利益を出すためには、損害によって生じる保険金の金額が、保険加入者が支払う保険料を下回ることが必要になります。

保険金が少なければ、保険会社の収益は多くなりますが、満足度の高い補償内容でなければ他の保険会社との競争に負けてしまいます。

そのため、十分なサービス内容と利益が両立できるバランスの取れた保険価格設定が鍵となります。過去のデータを分析し、緻密に事故の発生率を算出し金額設定を行うことが大切です。

2.新種保険に力を入れる

現状、損害保険事業のシェアで最も大きい割合を占めるのが自動車関係ですが、若者の自動車離れが進んでいるため、新種保険の開発に力を入れる必要もあります。

テクノロジーを使用した犯罪や個人情報流出による被害賠償、異常気象による災害など、近年高まり出したニーズに応じた保険は、過去データが少なく発生率の計算が難しい一方、新たな販売活路を見出せる分野であるとも言えます。

3.代理店への支援に力を入れる

損害保険の販売の多くを担っているのが保険代理店です。そのため、保険会社が売上を伸ばすためには代理店との連携が欠かせません。

保険代理店が営業しやすいよう支援を行うことも保険会社の業務の一部です。積極的に研修や人材育成、専業代理店の開拓などを行い、代理店をサポートしていくことも成功の鍵です。

参考:
https://www.ms-ad-hd.com/ja/basic_knowledge/market.html
https://www.ms-ad-hd.com/ja/basic_knowledge/casualty.html

↑pagetop