Business Idea
サービス一覧

〜企業に利益をもたらす存在価値が求められる広告代理店〜

■広告代理店のビジネスモデル

1.広告枠の代理購入

広告は、広告を出したい企業と広告を買ってほしいメディアの繋がりによって成り立っています。その繋ぎ役をするのが広告代理店です。

広告には、新聞、TV、雑誌、インターネット広告をはじめ、野外看板や交通広告など様々な形態があります。この枠を売りたいメディアに代わって企業に営業をかけるのが仕事の1つです。

2.広告の制作

広告代理店の内部には、クリエイティブ職と呼ばれる担当があります。
これは広告の制作を担う部門で、広告の案を出したり、デザイナーや芸能人などに依頼をかけ広告を作り上げていく過程を担当します。

3.コンサルティング

広告代理店はコンサルティング業務も行います。マーケティングやリサーチにより、市場ニーズのデータを集め顧客に提供します。

企業に対し、どのような宣伝をすれば商品が顧客に魅力的に思ってもらえるかの戦略を提案するのも広告代理店の役割です。

■広告代理店の取り巻く現状

1.コンサルティング会社との業務重複化

広告代理店の従来の業務は、商材のプロモーションをメインとするものでした。
しかし、現在では広告代理店が持つ消費者に対してのインサイトやメディアインサイトを活かし、販売戦略や商品開発まで携わるように拡大化しています。

一方で、従来のコンサルティング会社も広告事業に参入し始め、2つの業界の業務重複化が見られるようになっています。

2.収支管理の複雑化

広告代理店の担う業務の増加に伴い、収支管理の管理の複雑化が見られています。

広告代理店の業務は、1つの広告だけでも多くの人や企業が関わるのが特徴です。
常に複数のプロジェクトを抱える広告代理店の場合、収支管理が難しく赤字が出ていても気づきにくいという問題点もあります。

■おすすめの方

広告代理店のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。
・コミュニケーション能力が高く、人を繋ぎ合わせることが得意な人
・営業能力が高く、新規枠を開拓していける人
・クリエイティブセンスがあり、良い作品を生み出したい人
・マーケティングリサーチ能力が高く、分析に基づいた提案ができる人

広告代理店の役割は多く、チームの中で異なるポジションを担うことが求められるため、上記の中で何か1つ突出している、という人は重要な仕事を果たせるでしょう。

■成功のポイント

1.企業を成長させるパートナー的存在となる

御用聞き的な存在であった広告代理店の従来の存在意義は、変わりつつあります。
現在では、要望を聞くだけではなく、企業を成長させる提案ができるパートナーとしての役割が求められています。

広告制作の段階だけではなく、マーケティング活動、製品の開発まで関わり、戦略を提案できる力を持っている広告代理店は企業からの厚い信頼を得られるはずです。

2.広告コスト削減を売りとする

無駄な広告コストを削減し、より戦略的なリソース投入を提案することは、広告代理店がクライアント企業に利益をもたらす良い方法です。

広告代理店は広告の制作代価を収益としているため、自社の利益のためには矛盾しているようにも思えるかもしれません。
しかし、長期的視点で見るなら、クライアントが新たな事業に挑戦できるリソースを確保しておき、成功した場合には利益の一部が報酬として入る、というビジネスモデルは発展性と安定性を兼ね備えているといえます。

3.収支管理をシステム化する

広告代理店としての業務のクオリティを高めるだけではなく、会社として収益を上げることも忘れてはいけない点です。

広告代理店の収支内容は複雑なため、常に業務は繁忙であっても結果的には収益が出ていないという結果を避けることは重要です。
そのためには、収支管理に特化したシステムを導入し、一元化することは必須でしょう。

参考:https://gaishishukatsu.com/archives/144591
   https://digital-holdings.co.jp/careers_top/careers/20210309/1082

↑pagetop