Business Idea
サービス一覧

〜人材確保とAI技術の導入が鍵となる警備保障業〜

■警備保障業のビジネスモデル

1.長期契約の警備

施設や人や車が通る場所、人を警備対象とする警備業務は、長期契約が交わされる場合が多いです。施設や場所の警備には、警備員を配置するほか、センサーや監視カメラによる自動化サービスも含まれます。

2.スポット的な警備

イベントの際の警備はスポット契約の場合が多く、単発的に大人数の人員が必要とされるため、警備会社間でも下請け委託が行われる場合もあります。スポット的な警備の場合、警備会社に所属していない単発アルバイトや日雇いの人員を雇用するケースも多いです。

■警備保障業の取り巻く現状

1.付加価値サービスとの併売が増加

機械警備の販売をする場合、賠償保険等の加入や施設の購入との併売の形で警備サービスを契約することが増えています。
例えば大手警備会社のセコムでは、自社で建設設備会社や損害保険会社を保有しており、包括的な販売を可能にしています。

また、機械警備に付属して、高齢者の見守りサービスや子どもの留守番対応サービスなど新たなニーズ開拓をしている会社もあります。

2.家庭向け警備の需要が高まる

近年では凶悪犯罪や振り込め詐欺など個人を狙った被害が発生している背景もあり、家庭向け警備の需要が高まっています。
家庭向けセキュリティサービスとして、オンラインセキュリティや関連商品の販売に力を入れている警備会社も多くあります。

3.若手人材確保が難しい

警備員の仕事は肉体労働で賃金が安いというイメージが定着しており、若手人材確保が難しいのが業界の課題です。
実際、体力が求められる仕事でありながら、従事する4割は高齢者であるという調査もあります。

警備保障業の市場はますます広がっているため、そのニーズに応える人材確保は必須といえます。

■おすすめの方

警備保障業がおすすめの方は、以下の通りです。
・体力に自信がある
・AI開発の技術がある
・マネジメント能力が高い

上記のような方々は、人材確保とAI技術の発展を課題とする警備保障業で能力を活かせるため、おすすめのビジネスモデルです。

■成功のポイント

1.警備機械設備の導入

オンライン警備システムやAIロボットなどを導入した警備設備の積極的な導入には大きなメリットがあります。
設備導入には初期コストが必要となりますが、不必要な人員コストを削減でき、他のサービス拡大へつなげることも可能となります。

一方でAIは柔軟な判断を下せないという弱点があるため、人員により不足を補う体制を構築すれば、効率的かつ堅固な警備サービスができるでしょう。

2.雇用環境の改善

警備保障業の人材不足を改善するためには、雇用環境の改善が欠かせません。数年前には交通誘導警備員の約半数が社会保険未加入という調査結果もありました。

離職率を下げるためには、会社内部の福祉厚生の改善は必須といえるでしょう。また、座ってはいけない、日陰に入ってはいけないなどの理不尽な要求や警備現場での警備員に対する理解のなさが労働環境をより悪くしているケースもあります。こうした環境改善が、警備員の職離れを防ぐことにつながります。

3.家庭向け警備のニーズに応える

家庭向け警備サービスのニーズは高まり続けているため、そのニーズに応えたサービスに参入するなら大きなビジネスチャンスがあるでしょう。
関連商品の開発や、予算やライフスタイルに合わせたプランの提案など、ニッチなニーズに応えるサービスを生み出せればビジネスモデルの成功につながるでしょう。

参考:
https://b2b-ch.infomart.co.jp/report/industry/small.page?chim=19&chis=08
https://diamond.jp/articles/-/180001

↑pagetop