Business Idea
サービス一覧

成果報酬型のWeb制作代行

~マーケティング戦略の立案と実施、Web制作による経営支援~

■どんなモデルか

成果報酬型のWeb制作代行とは、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①マーケティング戦略を包括したWeb制作代行

Web制作代行は、フリーランスや個人事業主でも開業可能なビジネスモデルです。
クラウドソーシングを利用して、自宅をオフィスとして開業するスタイルが増えました。しかし、低価格、短期間の納期対応、高品質なデザインが求められます。
そこで成果報酬型のWeb制作代行のビジネスモデルは、アクセス数や見込み客の獲得など、マーケティング戦略の指標を達成することによって差別化し、高付加価値の制作サービスを提供します。

②成果報酬の指標は目的に合わせて多様化

成果報酬型のWeb制作代行が提供する成果の指標は、ECサイトの製品購入の売り上げ、商品サイトの問い合わせ数、コミュニティサイトの会員登録者数、人材採用サイトの応募社数など、目的に合わせて多岐に渡ります。

③成果報酬型以外のメニューの設定

成果報酬型のWebサイト代行には、10万円の制作パッケージを提供している事業者があります。ページ数を限定し、デザインのテンプレートなどを用意してリーズナブルかつ短納期で制作することで、限られた予算でホームページを設置したい中小企業の要望に応えます。
成果報酬型の実績がある場合、その信頼に裏付けられるため、低価格戦略のサービスの需要が見込めます。

■業界動向やトレンドについて

インターネットの黎明期から、Web制作代行は注目を集めてきました。当初は、DTPなどグラフィックデザインの制作会社や印刷会社から事業をシフトするケースが多くみられました。その後、データベースと連動したサイトやCMS(Content Management System)の利用拡大により、システム開発会社が参入するようになりました。
さらにSEO(検索エンジン最適化)やSMO(ソーシャルメディア最適化)が求められるようになり、広告代理店のパートナーとして成長しました。
最近は、カスタマーサポートを目的として、AIによる自動化されたチャット機能の搭載も進んでいます。

■成果報酬型のWeb制作代行がおすすめの方

成果報酬型のWeb制作代行は、以下のような方におすすめです。
・Web制作会社に在籍し、受託でWebサイトの成果を出した実績のある方
・解析ツールを活用したWebマーケティングに習熟している方
・経営的な視座から費用対効果を考えられる方
デザイン力や技術理解を前提に、マーケティングと運用の実践が求められます。

■成功のポイントは?

最後に、成果報酬型のWeb制作代行の成功ポイントを押さえておきます。

①長期的な受託基盤の構築

単発の制作案件だけ受託する場合、新規開拓が必要になり、売り上げが安定しません。Webサイトの効果測定と改善を継続的に行うこと、あるいはブログやコミュニティのようなデータベースと連動して運用保守が必要なWeb制作を展開することで、収益基盤が安定します。

②Web制作代行を核としてオフラインにも展開

店舗によっては、オンラインとオフラインを横断して行う施策が必要になります。インターネット広告のほか、地域情報誌などのメディアやチラシ、店舗のブランドデザインなどに事業領域を拡大する戦略も考えられます。

③フリーランスや同業他社とのネットワークづくり

事業を拡大するフェーズに入ったとき、デザイナー、システムエンジニアなどのフリーランス、コンサルタントとネットワークが重要です。同業他社と情報交換をして、常に最新の動向をキャッチしておくとよいでしょう。

↑pagetop