Business Idea
サービス一覧

ヘルスケアと健康管理のアプリ開発

~体調や健康状態を自己管理し、豊かな生活を支援するアプリ開発~

■どんなモデルか

ヘルスケアと健康管理のアプリ開発とは、どのようなビジネスモデルでしょうか。

①ダウンロード販売、アプリ内課金、サブスクリプションの収益モデル

ヘルスケアと健康管理のアプリ開発の主要な収益構造は、アプリのダウンロード販売、アプリ内課金、サブスクリプション(定額制の使い放題)による収益モデルです。
フィットネスバンドなどの端末とバンドルによって無料で提供する場合もあります。施設と連動して、スマートフォン経由でパーソナルトレーナーの指導を受けられるアプリも提供されています。

②規制を理解することが必要なビジネスモデル

医療以外の業種から参入する場合、さまざまな規制に注意が必要です。まず、医療機器に該当しないこと、医師法違反に該当しないこと。たとえば、データからAIによる統計的処理を行って、医師を介さずに発症率や診断の結果を導くアプリは、違反のリスクが生じます。
アプリ内広告に関する規制と、取得したヘルスケアデータなど個人情報の取り扱いにも厳重に注意しなければなりません。

③歩数、ダイエット、生理周期など需要に合わせたコンテンツ

ヘルスケアと健康管理のアプリ開発では、総合的に健康状態を管理するアプリ以外に、シニアに向けた歩数計、女性向けのダイエットや生理周期の管理など、ターゲットと目的を絞り込んでデザインや機能を差別化する戦略も有効です。ニッチな領域で需要が見込めるコンテンツを開発する企画力が求められます。

■業界動向やトレンドについて

モノの充足から精神や身体の充足に推移するトレンドにおいて、ヘルスケアと健康管理は注目分野になりました。さらに新型コロナウイルス感染拡大により、健康状態を常時モニタリングする必要性が問われたことから、ヘルスケアと健康管理のアプリの需要が高まっています。
一方、アプリ機能の信頼性が問われ、個人情報として収集した健康に関するデータ保護が重視されるようになりました。
先行して人気のあるアプリが登場していますが、精度が高く信頼できるデータ分析や管理手法の領域で成長性を秘めています。

■ヘルスケアと健康管理のアプリ開発がおすすめの方

ヘルスケアと健康管理のアプリ開発は、以下のような方におすすめです。
・医療従事の経験があり、アプリに精通している方
・医療ビジネスに関する法的な規制などを熟知している方
・IoT(モノのインターネット)に理解のある方
スマートフォンに搭載されたカメラや加速度センサー以外に、外部のハードウェアと連携する場合があります。ソフトウェアとハードウェアを包括したIoTの理解があるとよいでしょう。

■成功のポイントは?

最後に、ヘルスケアと健康管理のアプリ開発の成功ポイントを押さえておきます。

①継続的な利用を促す仕組みづくり

歩数計やダイエットのアプリでは、設定した目標に達するとキャラクターから褒められたり、ポイント獲得、新しい機能が追加されたりするなど、継続的な利用を促す仕組みづくりが大切です。

②コミュニティの形成

ヘルスケアと健康管理に関心のあるユーザーによるコミュニティが重要になります。アプリを中心としてユーザーどうしがノウハウを共有し、互いに励まし合うことで継続的な利用の促進とサービスからの離反を防ぎます。

③AI活用など先端技術の導入

先端技術を導入したヘルスケアと健康管理の分野は「ヘルステック」と呼ばれ、AI(人工知能)のパーソナルトレーナーが美容と健康のメニューを提供するアプリが注目を集めました。特許取得を視野に入れ、競合他社を凌ぐ開発力がアドバンテージになります。

↑pagetop