class="1093-page">
Business Idea
サービス一覧

■どんなモデルか

短期レンタルやカーシェアと違い、長期でレンタルする為、日々の管理工数が少なく副業として始めたり、多店舗展開をすることができるビジネスです。

①サブスクリプション型ビジネスモデル

レンタカービジネスは車両価格から想定される下取り価格を引いた金額を契約期間で割って月額の車両支払額を決めています。その為長くかりるほどレンタル料金が下がるので、長期レンタカーではカーシェアよりも格安でレンタルすることでの差別化する事が出来ます。初期費用は貸し出す車と、それを保有する場所が必要になってきます。長期でレンタルを行うので日々の受付・清掃・洗車が発生しないことにより手間がかからず副業との相性のいいビジネスになっています。大手フランチャイズ企業ではリスティング広告やSEO対策といったWEBマーケティングに力を入れており、月間PV数が130万を超える数値も獲得しているほど市場の中で認知度が高いため、そのようなFC(フランチャイズビジネス)に加入する事で成功しやすいビジネスになります。

②長期で車を利用したいユーザーがターゲット

顧客としては、普通のレンタカーやカーシェアリングと違い突発的に車が必要になる方ではなく、「単身赴任、長期出張長等による一定期間の日々の足」「帰省中に移動手段を必要としている方」「普段車を所有していないが長期休みで日々車を必要としている学生」を対象としています。

③車のレンタル料金で売り上げを上げる

2か月以上の期間レンタルする場合は1カ月単位の料金を毎月お支払い頂く、月額サブスクリプション型のビジネス。レンタル期間が長くなるほど一カ月当たりの料金は安くなります。長期のレンタルがメインで新規顧客を頻繁に必要としていない為、業績が安定しやすいのも特徴です。

■業界動向やトレンドについて

国土交通省の調査によると2009年に約39万台だったレンタカーの車両数は2021年には約78万台と12年で2倍にまで拡大しており市場は拡大しているといえます。長期でレンタカーを貸し出すので手間が少なく多店舗経営が可能な点も市場が伸びている要因になっています。専門的な知識を多く必要としない事からFC(フランチャイズビジネス)としても人気のビジネスになっています。

理由①社用車としての認知拡大

法人として社用車を保有する場合は維持費がかかってくる為、中小企業や業績が伸び悩む企業では社用車を持ち続けるのは負担になっています。そこで必要な時だけ格安で利用できるレンタカーの需要が活発になっています。

理由②消費者動向の変化

新車販売台数は年々減少している一方で、若者の運転免許保有率は依然高い数値を保ち続けています。つまり、自分で車を所有する合理性を考えたとき、自分では車を所有せず、必要な時に借りて乗る選択をする若者が増えているということです。

■参入がおすすめの会社・経営者

自動車整備会社を経営されている方

車両整備を自社で出来る自動車関係の企業様は非常に相性がいいビジネスです。長期レンタルがメインの為一日の稼働時間も少なく本業に専念することが出来ます。

中古車販売をされている方

売れずに残っている在庫車両をレンタカーとして有効利用する事が出来ます。また、レンタカーとして仕入れた車も後に中古車として販売する事が出来るのでビジネスとしての相性がいいという特徴があります。

土地を保有されている方

土地活用として駐車場に利用できる土地やガレージなど、自前の資産があれば初期費用を低く抑えられるでしょう。レンタカービジネスは多くの車の知識を必要としない為、経験がない方でも参入障壁は低いといえます。

■成功のポイントは?

最後に長期レンタカービジネスで成功するために必要なポイントを整理します。

①外部環境について

若者が車を保有する台数は減っても、車に乗る機会は減っていません。つまり車を保有しない人たちがどのような車をレンタルする傾向にあるのかを掴むことが成功のポイントだといえます。

②内部環境について

レンタカービジネスの売上は車の保有数と車の回転率によって左右される為、多くの車と高い回転率で貸し出すことが重要となります。そこで長期で借り続けてくれる法人客の確保する事で一定の定期収入が見込めるようになります。

③製品・サービスの差別化要素について

レンタカーの差別化要素としては「商品」「価格」があります。価格に関しては、大手も含めほとんど一律となっているので商品に関して、その地域の需要に対応した車をレンタルすることが他社との差別化ポイントになってきます。また集客に関してはネームバリューの大きい企業を消費者は選ぶ傾向にあるのでFC(フランチャイズビジネス)に加入する事も戦略の一つだと言えます。

↑pagetop