Business Idea
サービス一覧

■どんなモデルか

軽自動車に特化したサブスクリプションとはどのようなビジネスモデルなのでしょうか。軽自動車のサブスクリプションを紹介します。

①定額料金で好きな軽自動車を利用できる

利用者は月額料金を支払うことで、一定期間自家用車のように利用できます。
好きなタイミングで別の車種に変えることも可能なため、会員は一定期間の相田にさまざまな軽自動車に乗ることも可能になります。

②低価格でのサービス利用が可能

車のサブスクリプションでは、車種ごとに料金が設定されています。
ファミリーカーでは1万5000円、高級車になると2万円以上になることもあります。

軽自動車は、1万円以下で借りることができるため、コストを抑えながらサービスの利用が可能です。

③利便性を高くする代わりに走行制限を設定

月額料金以外の料金が発生しないため、車検、パーツ交換などの費用負担がかかりません。
コストを安く利用できるだけでなく、面倒な手続きを省き簡単に利用が可能です。

利用者がサービスできる使用限度を走行距離で設定できるため、業者は利用後に中古車として販売することもできます。

■業界動向やトレンドについて

カーシェアリングが注目される中で、マイカーをサブスクリプションで持つユーザーも世界的に増えています。
日本でもマイカーを持つための面倒な手続きを省くために利用している方も珍しくありません。

メーカー、レンタカー、輸入車ディーラーなどさまざまな業種がサブスクリプションサービスを展開しているため今後は、サービスの差別化が必要です。

軽自動車に特化するサブスクリプションサービスは、今後注目されることが期待されます。

■軽自動車サブスクリプションがおすすめの方

軽自動車サブスクリプションがおすすめの方を紹介します。

・自動車整備を手掛ける企業
・軽自動車のメンテナンス歴の豊富な整備士
・顧客ニーズに合わせたサービスを検討できる方

サブスクリクション型のサービスでは、顧客の利用満足度を高めることが求められます。
どのようなサービスを提供すれば、顧客の需要を満たすのか検討しながらサービスを手掛けましょう。

■成功のポイントは?

最後にサブスクリプションで成功するために必要なポイントを整理します。

①利用者の手間を極力省く

サブスクリプションのメリットは、利用者が月額登録をするだけでマイカーを手に入れることが出来ることです。
手間と感じるものを事業者が請け負う形で、登録ハードルを下げましょう。

②豊富な車種を揃える

会員利用者を増やすために、軽自動車のラインナップを増やします。次の軽自動車は必ずそろえるようにしてください。

・軽バン
・ファミリーカー向けの軽自動車
・ワゴンタイプの軽自動車
・海外製の軽自動車

ユーザーが増えたタイミングで、スポーツカータープの軽自動車やクラシックカーなどを導入します。

需要に合わせて利用者が見込める軽自動車を取り揃えましょう。

③中古車として需要の高い

中古車として販売するのであれば、人気の軽自動車の車種は短い距離に設定します。

中古市場で売却したものの、買い手は見つからない場合は、再度サブスクリプションとして提供して売却機会を変えることも可能です。

柔軟な対応をしながら、中古車を販売するようにしましょう。

↑pagetop