Business Idea
サービス一覧

~次世代に生き残るガソリンスタンドとは~

■どんなモデルか

ガソリンスタンドのビジネスモデルについて解説します。

①ガソリン・充電器・軽油を利用者に販売

自動車、トラック、電気自動車を合わせた燃料を販売します。

ガソリンスタンドの中には、洗車やタイヤ圧の確認、簡易清掃をおこなう有人のガソリンスタンドと、セルフサービスで販売するセルフステーションがあります。

②特約店からガソリンを仕入れて販売

ガソリンスタンドの多くは、石油販売者と契約を結び、石油会社からガソリンを購入して商品を販売します。

FC加盟店のような機能を持ち、代理店は、石油会社のブランドを借りて、指定されたサービスを提供します。

③点検、レンタカーなど別事業を展開

ガソリンスタンドは、ガソリン・充電器でサービスを提供するだけでなく、保守点検、レンタカー事業を展開しているお店もあります。

■業界動向やトレンドについて

40年以上経過したガソリンタンクは改修が必要で、何億というコストがかかります。
そのため70年〜80年に建てられたスタンドは軒並み閉店に追いやられています。

さらに、自動車を利用する需要が減りガソリン需要も年々低下、店舗数がさらに減少していくことが予想されます。

しかし、ガソリンスタンドの規制が緩和され今後はコンビニやカフェを併設することが可能になりました。ガソリンスタンドとしてビジネスを始める際には、今後の需要も視野に入れたサービスの提供が必要になると言えるでしょう。

■ガソリンスタンドがおすすめの方

ガソリンスタンドがおすすめの方について紹介します。
・自動車整備会社の経営者
・レンタカービジネスへ参入を検討している
・画期的なアイディアを考えられる

業界が低迷する中で画期的なアイディアを考えられる人が求められるでしょう。

■成功のポイントは?

ガソリンスタンドで成功するためにはどのようなことが必要なのか最後にまとめます

①コンビニを併設し集客を図る

ガソリンスタンドの利用者を増やすだめに、スタンド内に別サービスを提供することも期待できます。

コンビニを併設することで、スタンドとコンビニを併用して利用する方も増えることが期待されます。
カフェや飲食店の併設をおこなえば、長距離ドライバーのステーションとしての利用が可能です。

②シェアリングエコノミーとしての拠点を目指す

規制緩和により、シェアリングエコノミーとしての場所として提供をおこなうことも期待できます。

カーシェアの拠点としてスタンドを設定すれば、多くの利用者がスタンドに訪れる機会が多くなる可能性も期待できるでしょう。

③あらゆる可能性を視野に別サービスの充実

ガソリンを販売するのではなく、ガソリンスタンドで出来るさまざまなサービスの拡充をおこないます。

ガソリンスタンドで出来るサービスとして次のようなものがあります。
・車検
・車の販売
・レンタカー

ガソリンスタンドと相性の合うビジネスは何かを検討しながら、最適なビジネスモデルを考えましょう。

↑pagetop