Business Idea
サービス一覧

~低価格で品質の高い軽自動車を販売するために知るべきこと~

■どんなモデルか

軽自動車専門店のビジネスモデルはどのようなものかについて解説します。

①軽自動車に特化した専門店

軽自動車の未使用車から中古車までを販売する自動車販売店です。
独自のルートで軽自動車を調達し、ユーザーの需要のある商品を提供します。

中古車販売業の中には、軽自動車に特化した専門店もあります。

②独自ルートで自動車を仕入れ

軽自動車販売業では、お店の独自ルートで自動車確保を目指します。
状態の良い軽自動車を販売しユーザーの需要を満たします。

在庫リスクを回避するために、適切なタイミングで軽自動車を仕入れ販売するバランス感覚が求められます。

③満足度の高い価格で軽自動車を売却

「車体価格10万円以下」、「購入総価格30」万など、ユーザーが満足度の高いと感じる価格で売却し、リピーター獲得を目指します。

軽自動車は低価格で販売ができる商品のため、いかに販売数につなげるかが安定した収益を得るために求められます。

■業界動向やトレンドについて

軽自動車の保有台数は10年間の間に70%も増え、今後も需要増が期待されるでしょう。

軽自動車への需要が高くなる要因として「価格が安い」「使いやすさ」です。

軽自動車のユーザーの多くは60歳以上で、今後は安全性が高く操作性も比較的簡単な自動車が求められます。

■軽自動車専門店がおすすめの方

軽自動車専門店がおすすめの方の特徴をまとめました。
・ディーラーで販売経験のある営業マン
・自動車販売業の参入を検討している整備業の方
・マーケティング関連の職種経験のある方

軽自動車の中でもどのような車種が売れるのか、需要に合わせた商品を提供できる人が、今後も求められるでしょう。

■成功のポイントは?

軽自動車専門店で成功するためのポイントを解説します。

①1年〜2年後の車検を控える車を獲得

軽自動車を購入するユーザーは、「経済性」を重視します。
状態の良い軽自動車でもすぐに車検が来てしまうと、費用が高くなってしまいます。

車検が1年〜2年後に控えている軽自動車を販売することで飛躍的に販売数を増やすことが期待できるでしょう。

②販売後のサポート体制を充実させる

軽自動車を販売して終わるのではなく、販売後のサポート体制を充実します。

アフターメンテナンスの案内や、無料点検など、車の買い替えタイミングでユーザーが新たに購入できるよう、満足度の高いサービスを提供してください。

③商品ラインナップを検討する

お店の方向性によって商品ラインナップを検討します。軽自動車の利用者の多くは「経済性」「使いやすさ」です。
乗り心地が良く、生活圏内の移動であれば満足のいく車種を中心に販売しましょう。

他店との差別化するために、スポーツカータイプの軽自動車や、輸入の軽自動車などこだわりのある車種を販売する方法もあります。

お店のコンセプトに適した最適な軽自動車を確保してください。

↑pagetop