id="1426-2-contents" class="1426-2-page">
New business Column
サービス一覧
2022.03.31
事業を見極める

その新規事業にニーズはある?市場価値を確認しよう〈後編〉

>>中編

前・中半では、市場価値をはかるために、どんな視点で分析を行うか、
そもそも新規事業の立ち上げフローをご紹介しました。
最後に、よくある失敗ポイントをご紹介していきます。

新規事業の立ち上げでよくある失敗ポイント

① 市場分析不足
やはりよくあるのは、事前の調査不足です。
新しいアイデアや商品・サービスが思い浮かび、これは良いアイデアだ!と思ってしまうと、
ひとはそれを否定する情報を得たくないものです。
しかし、商品には目新しさだけでなく、ニーズがあるかどうかが重要なのは明白です。
客観的にデータを分析して、市場環境を把握することが重要です。

② ヒト・モノ・カネの不足
リソースが足りてないというパターンです。
多くの中小企業では、足りない要素がるのも当たり前といえますが、
何が足りてなくて、何が足りているのか、自社のリソースを把握していることが重要です。
それによって、どう資金を引っ張ってくるか、どんな人材を連れてくるか、どの設備に投資するかの方法と優先順位が変わります。

③ 組織的素地がない
新規事業を興す場合、社内にプロジェクトチームを設けることもあるかと思います。
新規事業はリスクが全くないことはほぼありえず、かつ、マニュアルがあったり見通しが立てやすい既存事業にくらべて、手探りの部分が多いものです。
そのため、そもそも新規事業の必要性・チャレンジへの称賛が浸透していない組織だと、
リソースとは別の理由で、事業がうまくいかないという状態が起こります。

新規事業は会社に必要であるとマインドを浸透させること、
マネタイズしていなくても肩身が狭くないように経営者や幹部が矢面に立つことが重要です。
とくに前者は一朝一夕で浸透するものではないため、
長期的に組織作りを行うことができている企業はベストといえます。

以上、市場価値をはかることをテーマに、ポイントをご紹介しました。
慎重になりすぎても新規参入に挑戦できませんが、
客観的に市場環境やニーズの見極め、競合企業の動向などを把握することは、
新規事業参入の第一歩といえます。
それに加えて各フェーズでのポイントを押さえて、新規事業を成功させてください。


執筆: B-search

Related Column 関連コラムはこちら

Hot Column 人気記事一覧

Daily
Weekly
Monthry
↑pagetop