Business Idea
サービス一覧

~古民家カフェから猫カフェまで。ニッチマーケットに狙い目なビジネスモデル~

カフェビジネスとは

カフェビジネスは、モーニング〜ディナータイムに店舗内でパスタ、ハンバーグなどの料理や。コーヒーなど飲料などの提供を行うビジネスモデルです。

コーヒーショップなどと競合する業態でもあり、他の飲食業態と比較して特徴的なことは、飲料など商品と一緒に空間も提供していると点です。カフェ業態は現在、単に喫茶を行う場所ではなく、読書、打ち合わせ、更にはコロナ禍でリモートワークが導入された企業においては、重要な作業場所であるとも捉えられています。

また、主力商品として採用されることの多いコーヒー、紅茶、緑茶などカフェイン含有飲料は商品原価率が5~15%程度の低原価率商材として知られており、店内飲食の座席回転率やテイクアウト比率の向上を図っていくことで、高い利益を見込めることも特徴です。

カフェのビジネスモデルか

カフェがまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.ファミリーレストランとも異なるカフェビジネスモデル

カフェビジネスは料理と飲料、そして空間を提供する意味からファミリーレストラン業態と極めて似ている運営構造をしていると言われています。しかし、規模の拡大とオペレーションの効率化を図るファミリーレストラン業態と、個性や差別化を意識した運営をされることの多いカフェ業態の現在は大きく異なっています。

2.ニッチマーケットに市場規模が見込めるビジネスモデル

カフェ業態は新規参入が多く、店舗数の多いチェーン店でも市場を寡占化することはできていません。そのため、カフェ業態内で無数の異なるコンセプトを持った業態が絶え間なく開発されています。そのニッチマーケットでは、人通りの少ない倉庫街に倉庫跡地に出店した事例や、アクセスが困難な僻地にオープンした事例など、既存店舗でデメリットと見なされる外部環境をメリットに置き換えるコンセプトでなどが発見されています。

3.未経験でも開業できるビジネスモデル

飲食業ビジネスでの新規開業に共通するボトルネックの一つが「フード・ドリンクの調理経験やノウハウがない」ことです。

ですが、カフェビジネスでは、サイドメニューは大衆食堂レベルの調理で済み、また、メインとなるコーヒーなどの調理オペレーションは非常に簡便なものとなっています。そのため、差別化されたコンセプトに沿った商品の提供ができるビジネスモデルです。

ビジネスモデルがおすすめの方

カフェのビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・流行業態を持ちたい方

・オペレーションの簡易な業態を持ちたい方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方なので、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、カフェビジネスの成功ポイントを押さえておきましょう。

1.固定客化

カフェビジネスでは、立地や広告の重要性もありますが、コーヒーショップと比較して低い座席回転率や高い料理原価率から考えて、新規来店客を固定客化するために、絶えず近隣の競合店舗との競争に晒されています。そのために、出店時はもちろんのこと、運営を続ける中でも客数を維持するためのコンセプトの新規性、独自性が求められます。

2.集客

立地で集客ができない、もしくは足りない場合に必要になってくるのが情報雑誌への掲載やSNSの運用になります。

カフェ業態は他の飲食業態と比較して口コミサイト、クーポンサイトなどの各種飲食店向けのポータルサイトとの相性が良くなく、相対的に地域情報誌や美容系雑誌など女性向けの媒体との親和性が高いため、集客に向けた広告の運用には注意が必要です。

3.差別化のための店舗コンセプト作り

カフェ業態は参入障壁が低く、提供するドリンク類などの原料のサプライヤーが限られ差別化も難しいため、そのほかの要素での差別化を図る必要があります。

差別化できる要素としてあげられるのは、 調理方法や提供方法、座席の質感、店内の環境、出店場所であり、一般に集客にデメリットとされる「裏路地」「駅から遠い」などの要素も、メリットに変換していくことができるため、コンセプトを明確にして計画する必要があります。

↑pagetop