Business Idea
サービス一覧


~専門業態のチェーン店が市場を開拓。だからこそ新規開業が狙い目なビジネスモデル~

串揚げ(串かつ)料理店ビジネスとは

串揚げ(串かつ)料理店ビジネスは、ランチ〜ディナータイムに店舗内で串揚げ、串かつやサイドメニュー、飲料の提供を行うビジネスモデルです。

元々は大阪など関西圏の下町の味として長く愛されてきた業態でしたが、個人店を除き1990年代後半から天ぷら・揚げ物業態の亜種としてショッピングモールインタイプのレストラン業態として一部で発展してきました。

串揚げ(串かつ)料理店業態が全国的な知名度を得ることに成功したのは、串かつをメイン屋号、メイン商材とする居酒屋チェーン店が全国に積極的に出店し、メディアに多数取り上げられたことが挙げられます。

商材仕入は極めてオーソドックスな食材を使用する業態なので、サプライヤーを複数から選ぶことができ、原価の管理も可能です。

串揚げ(串かつ)料理店のビジネスモデル

串揚げ(串かつ)料理店がまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.大阪の下町の味を扱うビジネスモデル

串揚げ(串かつ)料理店は、大阪の中心街で愛されてきた串揚げ業態の店舗ビジネスモデルです。全国的な知名度は小さかった業態でしたが、串かつ専門業態の居酒屋チェーン店が出店を続け、メディアへの露出も比例して多くなったため、一定の知名度を得た業態のビジネスモデルです。

2.ランチタイムも狙えるビジネスモデル

串揚げ(串かつ)料理店は、ショッピングモールインタイプのレストランとして一部でチェーン展開されていたものの、大手チェーン会社が居酒屋の一業態として業態を発展させたため、ディナータイムに強い業態となっています。しかし、ショッピングモールインタイプの串揚げ(串かつ)料理店が営業されてきたように、本来はランチタイムのニーズにも対応できる業態です。

3.未経験でも開業できるビジネスモデル

飲食業ビジネスでの新規開業に共通するボトルネックの一つが「フード・ドリンクの調理経験やノウハウがない」ことです。

ですが、串揚げ(串かつ)料理店ビジネスでは、サイドメニューは大衆居酒屋レベルの調理で済み、また、メインとなる串揚げも仕込み、調理のオペレーションは非常に簡便なものとなっています。

ビジネスモデルがおすすめの方

串揚げ(串かつ)料理店舗内のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・流行業態を持ちたい方

・オペレーションが簡易な業態を持ちたい方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方、もしくは飲食ビジネスモデルへの進出を検討されている方なので、簡易なオペレーションもあり、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、串揚げ(串かつ)料理店ビジネスの成功ポイントを押さえておきましょう。

1.立地

まずは、立地が重要です。目立つこと、認知度を高めることが重要で、串揚げ(串かつ)料理店として「わかりやすい」店づくりが求められます。しかし、業態とともに客単価にも合わせた内外装にする必要があり、慎重に計画を行うことが重要です。

2.集客

主にディナータイムに、立地で集客ができない、もしくは足りない場合に必要になってくるのがポータルサイトへの掲載やSNSの運用になります。

口コミサイトなどポータルサイトへの掲載は料金がかかりますが、費用対効果面から適切な媒体を選ぶことができると、店舗への集客は安定します。

3.差別化のためのメニュー作り

リピート顧客比率を高めて経営を安定させるためにも必要なのが提供すメニューです。売れ筋のメニューだけでなく全ての商品を分析して、季節を先取りした構成に変更することや、近隣他店のメニューを把握して差別化を図れる自店舗のメニュー構成にすることが求められます。

↑pagetop