Business Idea
サービス一覧

~老舗店の生き残りは一巡。大手チェーン店未進出だからこそ新規開業が狙い目なビジネスモデル~

郷土料理店ビジネスとは

郷土料理店ビジネスは、ランチ〜ディナータイムに店舗内でのその郷土料理を提供するビジネスモデルとされています。ですが2000年代前半ごろから郷土料理店を居酒屋業態のひとつの亜種と捉え、郷土料理を提供する総合居酒屋というコンセプトで広く展開する企業が現れ始めました。

その流れの中で現在では、純粋な料理店としての郷土料理店と、居酒屋ビジネスモデルの亜種としての郷土料理店が並立している状況です。その中で中小食品加工会社が商品の開発を行い、様々な郷土料理の素材や調理方法などが流通するようになっています。

郷土料理店のビジネスモデル

郷土料理店がまずはどんなビジネスモデルか見ていきましょう。

1.伝統ある郷土料理を扱うビジネスモデル

郷土料理店の強みは、その名の通り郷土に根付いたメニューがあることです。山梨県のほうとう、秋田県のきりたんぽ、愛知県のひつまぶしや味噌煮込みうどん、高知県のさわち料理などが有名な郷土料理としてあげられます。

観光と結びついたものでもあり、リピート顧客は重視しなくてはいけませんが、比較的初回の来店顧客対策が必要なビジネスモデルです。

2.お土産販売も狙えるビジネスモデル

郷土料理店のビジネスモデルで特筆すべきは、一般的な飲食店とは異なる「お土産利用」の需要です。一例では、平均客単価420円の讃岐うどん店で、お土産のうどん麺セットが単価1200円でピーク時には日売200CS(24万円)を超える日もあるとのことです。

3.展開次第で全国出店も狙えるビジネスモデル

新規に開店する郷土料理店は基本的にその郷土料理の定着したエリアとなりますが、九州の鶏農場の名前を冠した居酒屋業態のチェーン店が首都圏、関西圏を中心に拡大したため、類似の事例として、地元での展開行わず、東京や大阪などの繁華街に直接、郷土料理を打ち出した店舗を出店するケースも増えています。

ビジネスモデルがおすすめの方

郷土料理店舗内のビジネスモデルがおすすめの方は、以下の通りです。

・他の飲食業態からの転換を図っている方

・高単価な業態を持ちたい方

上記のような方々は、既に飲食店舗運営に詳しい方なので、おすすめのビジネスモデルです。

成功のポイントは?

最後に、郷土料理店ビジネスの成功ポイントを押さえておきましょう。

①立地

まずは、立地が重要です。目立つこと、認知度を高めることが重要で、郷土料理店として「わかりやすい」店づくりが求められます。

②集客

立地で集客ができない、もしくは足りない場合に必要になってくるのがポータルサイトへの掲載やSNSの運用になります。

口コミサイトなどポータルサイトへの掲載は料金がかかりますが、費用対効果面から適切な媒体を選ぶことができると、店舗への集客は安定します。

③差別化のためのメニュー作り

リピート顧客比率を高めて経営を安定させるためにも必要なのが提供すメニューです。売れ筋のメニューだけでなく全ての商品を分析して、季節を先取りした構成に変更することや、近隣他店のメニューを把握して差別化を図れる自店舗のメニュー構成にすることが求められます。

↑pagetop